韓国

エンタメ

男こそ見るべき韓国ドラマ5選…「気象庁職員の日常生活と天候」も

竹内涼真が主演に決まり、今年の7月クールからスタートする連ドラ「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」(テレビ朝日系)。20年に配信されたNetflix発の韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメイクであるのは言うまでもないが、本国・韓国よりも…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
芸能

なぜわざわざ韓国から中継!? NiziUの実態をめぐるスッキリしない評価

NiziUが新曲「ASOBO」をリリースし、「スッキリ」(日本テレビ系)に韓国からリモートで生出演した。スタジオMCの加藤浩次からは「なぜ韓国にいるのか」と問われると、メンバーのひとりが「新曲の制作だったり、準備だったり、レッスンしたりでい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
スポーツ

10年ぶりのサッカー「日韓戦」、“目玉”は久保建英や南野拓実ではなかった!?

3月10日、日本サッカー協会は3月25日に韓国代表と国際親善試合をナイターで開催することを電撃発表した。当初はカタールW杯2次予選のミャンマー戦を実施予定だったが、ミャンマーの軍事クーデターなどが原因で延期が決定。その代替試合として日本側か…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
芸能

Zeebra、愛娘のRIMAが活躍する韓国での「父の不貞疑惑を問題視」度とは?

ヒップホップ界のカリスマことZeebraの不貞疑惑騒動の一方で、次女の“RIMA”こと横井里茉の芸能活動に及ぼす影響を案じる声も少なくないようだ。そのRIMAは「NiziProject」から誕生、日本でも人気沸騰中のグローバルガールズグルー…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

引退・高岡蒼佑の俳優人生を狂わせたのは宮崎あおいとの結婚だったのか?

俳優の高岡蒼佑が8月3日、役者業の引退を発表した。高岡は2日からインスタにカウントダウンのような数字の写真を“6”からアップし始め、「別人として生きる。貴重な、特別な瞬間を、自分は一生涯忘れる事はないでしょう」「迷惑をかけながらも、ある意味…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をブチ込むぜ!「韓国が“人治国家”であることが知れ渡ったぜ!」

ハ~イ! 皆さん!韓国が揺れてるぜ!11月27日、延期されてきた産経新聞の前ソウル支局長である加藤さんの初公判が行われたよな。彼は俺が連載している夕刊フジの記者だったこともあり、とても心配している。同時に、朴槿恵大統領に対する怒りも増してい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

中国“反日エリア”に充満する「危険度」をレポート(3)反日ということだけで拍手喝采が…

反日はビジネスとしても利用されている。〈愛国心を叫ぶ反日バー〉四川省眉山の繁華街にあるバーの入り口に「『日本は中国の領土!』と叫べば2割引き」という貼り紙がある。実際に店に行ったことのある西谷氏は、内情をこう明かす。「メディアに取り上げられ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

東アジア新冷戦「日朝連合軍VS中韓同盟軍」を驚天シュミレーション(3)中韓はアジアの危険な火薬庫

室谷氏が続ける。「朴槿恵は本質的に『反日尊中』教徒なのです。国民レベルで見れば、中韓は相互にバカにし合っている面がありますが、韓国人は『中国人とつきあうと得になる』と幻想を抱いています」この動きを最も警戒していたのは他ならぬ大国アメリカ。何…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中国“反日エリア”に充満する「危険度」をレポート(2)日本人客は骨折させる…

まずは、中国で最近話題になっている反日エリアをレポートしよう。〈日本国旗を踏みつけるマッサージ店〉7月上旬、河南省許昌にオープンしたマッサージ店で記念イベントが開催された。店の入り口前には長さ約8メートル、幅約5メートルの日本国旗を敷いて、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

東アジア新冷戦「日朝連合軍VS中韓同盟軍」を驚天シュミレーション(2)韓国人の世界観は「昇る中国」

北朝鮮が中国から離れていった背景には、金第一書記の国際感覚があるという。渡邉氏が続ける。「日本の認識では、貧しい国のトップは低い教育しか受けておらず人脈も狭いように感じるでしょう。しかし、彼らは国家予算をトップの育成に投入します。金正恩もス…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

中国“反日エリア”に充満する「危険度」をレポート(1)行ってはいけない本当のエリア

集団的自衛権の閣議決定により、中国では日本人への憎悪が爆発寸前。市民たちは「愛国無罪」を盾に全土で反日行動を始めている。日本人が安易に足を踏み入れてはいけない、危険な反日エリアを紹介しよう。トップ同士が「反日共闘」を誓った中国と韓国。韓国で…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

東アジア新冷戦「日朝連合軍VS中韓同盟軍」を驚天シュミレーション(1)仲良く自滅する中国と韓国

中国の習近平国家主席が韓国を訪れ、朴槿恵大統領と「反日共闘」を確認し合ったという。一方、日本と北朝鮮は拉致問題の解決に向けて劇的な関係改善の流れになっている。日本海を中心とした日朝vs中韓の新たな冷戦構造とは──。「従軍慰安婦問題に関する資…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

ラフプレーが目立つW杯、草食ジャパンには“暴れん坊”アギーレ氏が必要だ!

ワールドカップも決勝トーナメントに突入、強豪国ばかりのサバイバルレースが熱さを増している。それとともに今回のブラジル大会で再び話題に上っているのが、ラフプレーだ。「グループH組の韓国―ロシア戦で、韓国のキ・ソンヨンが危険なプレーでイエローカ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
社会

みのもんた「旅客船沈没事故を韓国は本当に反省すべき!」

この1カ月、次々と続報が出て、それを伝えるニュースを観るたび、新聞を読むたび、ムカっ腹が立ってしかたがないんだよ。皆さんもそう思うでしょう?【韓国・旅客船沈没。事故ではなく“人災”か】4月16日に韓国珍島沖で沈没し、300名以上の犠牲者を出…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |