芸能

「低視聴率男」松山ケンイチ、主夫まっしぐらの“瀬戸際”俳優生活!

20150303matsuyama

 松山ケンイチといえば、2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」で主役を演じたものの、大河史上ワースト記録となる最低視聴率7.3%、平均12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、“低視聴率男”という不名誉な称号を得てしまった。その後は、ドラマで姿を見ることは少なくなり、舞台や映画などで“お茶を濁している”感もある。

 そんな松山に久々にお声がかかった。6月スタートの連続ドラマ「ふたがしら」の主演だ。ただし民放キー局ではなく、WOWOWでの放送。江戸時代を舞台に、盗賊一味から抜けた男たちの旅話で、相棒役には早乙女太一が選ばれた。

 芸能ライターが解説する。

「大河以前と以後でこんなに扱いが変わるとは、松山自身も思っていなかったのでは。そもそも、ギャラが安くて長い拘束時間の大河に飛びついたのは、出演後にもたらされる全国区の知名度とギャラアップ、CM増を狙ってのこと。だが、それも高視聴率をたたき出していればこそ。想定外の低視聴率ですべてが水の泡になった。今回も視聴率の出ないWOWOWで早乙女との“W主演”という形でリスクヘッジしているようです。ただ、有料放送では視聴者層が限られていて話題にものぼらないし、ギャラも高くない。当然、CM増にもつながらないので、今回の出演にはメリットは少ない」

 実は、松山は大河以降に出演した主演ドラマ「遠い約束~星になったこどもたち~」(TBS系)でも大コケしている。「終戦69年ドラマ特別企画」と銘打ちながら、放送は終戦記念日から10日も過ぎてから。実体験に基づいて書かれた本を原作にし、リアルさを売りにしたが、平均視聴率は何とひとケタの5.3%だった。

 松山がさほど旨みのないドラマ出演を決めたのは、“視聴率恐怖症”に陥っているからなのかもしれない。

「子供ができてから、松山は仕事第一の考え方が180度変わり、家族第一主義に変身。妻の小雪が時間的な拘束が少なくて、実入りのいい仕事を選んで出ているが、それにも限界がある。公立の保育園3つの順番待ちをしていたが、一向に空きがなく、昨夏、月8万円もかかるインターナショナル・プリスクールに長男を入れた。長女もその予定だという。養育費を稼ぐためにも、いよいよ仕事を選んでいられなくなったのでは」(芸能リポーター)

 このままでは主演どころか、主夫一直線になりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場!
2
乃木坂46白石麻衣、仲良しプリクラ写真が逆説的に物語る「異次元の可愛さ」!
3
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「24時間テレビ」で富士登山にチャレンジした麻痺少年の“虐待デマ映像”が拡散