芸能

「7人目のSMAP」の暴露で判明!キムタクが工藤静香の言いなりだったワケ

20170208kudoub

 2月7日発売の「週刊女性」が、かつて木村拓哉や中居正広と同時期に、ジャニーズ事務所でレッスンに励んだという男性のインタビューを匿名で掲載した。同誌によると、彼はデビューしなかった幻のSMAP7人目のメンバーだという。

「インタビューに答えたJ氏は当時、ジャニーズに所属していたそうですが『高校に通えなくなるのが嫌』という理由で、後輩の森且行をジャニー喜多川社長に推薦。のちに森や、他のメンバーでSMAPが結成されたとのことです。そんな彼はSMAPメンバーの印象について、中居は『演技はできない。踊れない。歌も下手。リーダーのくせに仕切れない』、稲垣吾郎は『SMAPがまとまればいいということだけ考えているやつ』、草なぎ剛は『性格のいいやつで“よいこ”って感じ』と言いたい放題に毒づいています」(芸能記者)

 さらに、元マネージャーのI女史については「生理的に合わなかった」と語っただけでなく、彼女の仕事ぶりについても「心の中に入り込んでマジックをかけるのがうまい」と評価。そして他のSMAPメンバーは、そのマジックにかかっており「まるで宗教みたいなもの」と見解を述べた。

 また今回のインタビューでは、木村の性格についても暴露している。

「J氏によると木村は、女の子がいないと生きていけない性格であり、精神安定剤の役割を担っていると語りました。木村といえば、一部で工藤静香の強い意向で事務所残留を決め、それがグループ解散に繋がったとの報道がありました。もしJ氏の発言が事実ならば、木村が他のメンバーやマネージャーよりも、好意を持っている妻の意見を一番に聞き入れたというのも納得ができます」(前出・芸能記者)

 とはいえ、J氏は「SMAPとして活躍できたのは事務所とジャニーさんあってのこと」と、木村が事務所に残留したことには理解を示している。はたして今後、“7人目のSMAP”が公の場に姿を現すことはあるのだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?