芸能

堀北真希「ドSすぎる記者会見」にドン引き

 テレビからは想像もできない“裏”素顔を持つ人気タレントも数多い。本人と接した人がアゼンとした衝撃現場を以下──。

 まず驚くのが、NHKの連続ドラマ小説「梅ちゃん先生」が好評だった、平成の清純派・堀北真希(24)だ。

「昨年5月の賃貸住宅『レオパレス21』の新CM発表会でのことでした。母の日が近かったため『今までいちばん喜ばれた母の日のプレゼントは?』と司会者が聞いたところ、『お母さんにあげて喜ばれないものはないと思います!』とバッサリ。さらに『読書が趣味だということですが』と聞かれ、『読まなくてはいけない台本がたくさんあって、好きな読書までたどりつけません!』と語気を強めました。記事にはなってませんが、清純キャラとはまるで違う“女王様”ぶりに現場にいた記者はドン引きでした」(芸能ライター)

 当時はちょうど朝ドラの過密スケジュールで多忙の極みだった、とフォローする関係者もいたようだが‥‥。

 芸能界でも「イイ人」のイメージが定着しているベッキー(28)にも同じような時期があった、と話すのは制作会社スタッフ。

「ふだんは気遣い上手なんですよ。でも、さすがに同じ事務所の酒井法子(41)が逮捕された直後のベッキーは荒れてました。『何で私がそこまでかぶるんですか!』と事務所スタッフに詰め寄って当たり散らしていましたね」

 北川景子(26)の派手な美貌に似合わない素顔を見たと話すのは、ファッション誌の女性編集者だ。

「実はけっこう文学作品を読んでいて、さり気なくウンチクを語るんです。本好きの男性編集者あたりはその意外さにイチコロで、とても人気が高いです」

 右のランキングに入った40人中、お茶の間から「実力度」で最下位のレッテルを貼られたのがローラ(22)。しかし、「実際は真逆」との声も。

「頭の回転がとても速く、次の話に行きたい時、司会者は必ずローラに振るほどです。打ち合わせでも『オッケー』と言うからどこまで聞いているんだろうと思うけど、本番はキッチリ、しかもアドリブで期待以上のこともしてくれる。正直、“ギャップ度”はナンバーワンじゃないですかね(笑)」(放送作家)

 テレビに出まくる理由がわかった!?

 ハジケる笑顔でオヤジファンも多い吉高由里子(24)は見た目と180度違うこんな素顔を目撃されている。

「取材現場にとても女優とは思えない、酒とタバコの臭いをプンプンさせて現れ、『朝まで飲んでました』と平然と笑い飛ばす。それでも、取材などはキッチリこなすところがさすがです」(映画関係者)

 一方、ナチュラルで知的なイメージの宮崎あおい(27)には、「実像はまったく違う」との声が噴出。

「とにかく他人から影響を受けやすい性格。好きになった男性に影響されるようですね。10代後半にインタビューした頃は、『タバコを吸う男性でバックでの車庫入れがうまい人』を理想の男性にあげていましたが、それがのちに結婚する高岡蒼佑(30)でした。当時は彼女が稼いだお金も『自由に遣って』と言って渡すほど尽くしています。離婚した今は当然、噂の彼氏の言いなりだと心配する声が出てますよ」(テレビ局関係者)

 最後はキュートな子役の芦田愛菜(8)。

「彼女には『愛菜ちゃん』は禁句で、『さん』付けしないと怒られます。一人の女優として扱ってという意味だと思いますが」(制作会社スタッフ)

 彼女たちを見る目が変わりそう‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    他人ごとではない…冬に注意すべき「血管事故」対策は「血管年齢の若返り」!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    最大75%効率アップ!「まだスマホの充電が終わってない!」を防いでくれる急速充電器

    74187

    仕事や趣味で活躍するスマホやタブレット。重宝する半面、ヘビーユースする人にとって問題となるのがバッテリー問題ではないだろうか。満足に充電できず慌てて外出した際、電車内や取引先で電池残量がピンチになる不安は避けたいところ。そこで今回セレクトす…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
堀北真希 新婚生活で夫・山本耕史が俳優仲間に「こわい…」と話した理由とは?
2
忽然と消えた女子アナたちはいま!(1)山岸舞彩はハラスメント被害、徳永有美は内村光良と不貞再婚…
3
Hey!Say!JUMPのトーク中に映ったYOSHIKIの非常識行動にファンがイラッ!
4
ブレイク俳優の高橋一生が「an・an」で一糸まとわぬ姿を披露しファンが困惑
5
「今夜くらべてみました」で日テレがSHELLYをリストラできない裏事情