芸能

堀北真希「ドSすぎる記者会見」にドン引き

 テレビからは想像もできない“裏”素顔を持つ人気タレントも数多い。本人と接した人がアゼンとした衝撃現場を以下──。

 まず驚くのが、NHKの連続ドラマ小説「梅ちゃん先生」が好評だった、平成の清純派・堀北真希(24)だ。

「昨年5月の賃貸住宅『レオパレス21』の新CM発表会でのことでした。母の日が近かったため『今までいちばん喜ばれた母の日のプレゼントは?』と司会者が聞いたところ、『お母さんにあげて喜ばれないものはないと思います!』とバッサリ。さらに『読書が趣味だということですが』と聞かれ、『読まなくてはいけない台本がたくさんあって、好きな読書までたどりつけません!』と語気を強めました。記事にはなってませんが、清純キャラとはまるで違う“女王様”ぶりに現場にいた記者はドン引きでした」(芸能ライター)

 当時はちょうど朝ドラの過密スケジュールで多忙の極みだった、とフォローする関係者もいたようだが‥‥。

 芸能界でも「イイ人」のイメージが定着しているベッキー(28)にも同じような時期があった、と話すのは制作会社スタッフ。

「ふだんは気遣い上手なんですよ。でも、さすがに同じ事務所の酒井法子(41)が逮捕された直後のベッキーは荒れてました。『何で私がそこまでかぶるんですか!』と事務所スタッフに詰め寄って当たり散らしていましたね」

 北川景子(26)の派手な美貌に似合わない素顔を見たと話すのは、ファッション誌の女性編集者だ。

「実はけっこう文学作品を読んでいて、さり気なくウンチクを語るんです。本好きの男性編集者あたりはその意外さにイチコロで、とても人気が高いです」

 右のランキングに入った40人中、お茶の間から「実力度」で最下位のレッテルを貼られたのがローラ(22)。しかし、「実際は真逆」との声も。

「頭の回転がとても速く、次の話に行きたい時、司会者は必ずローラに振るほどです。打ち合わせでも『オッケー』と言うからどこまで聞いているんだろうと思うけど、本番はキッチリ、しかもアドリブで期待以上のこともしてくれる。正直、“ギャップ度”はナンバーワンじゃないですかね(笑)」(放送作家)

 テレビに出まくる理由がわかった!?

 ハジケる笑顔でオヤジファンも多い吉高由里子(24)は見た目と180度違うこんな素顔を目撃されている。

「取材現場にとても女優とは思えない、酒とタバコの臭いをプンプンさせて現れ、『朝まで飲んでました』と平然と笑い飛ばす。それでも、取材などはキッチリこなすところがさすがです」(映画関係者)

 一方、ナチュラルで知的なイメージの宮崎あおい(27)には、「実像はまったく違う」との声が噴出。

「とにかく他人から影響を受けやすい性格。好きになった男性に影響されるようですね。10代後半にインタビューした頃は、『タバコを吸う男性でバックでの車庫入れがうまい人』を理想の男性にあげていましたが、それがのちに結婚する高岡蒼佑(30)でした。当時は彼女が稼いだお金も『自由に遣って』と言って渡すほど尽くしています。離婚した今は当然、噂の彼氏の言いなりだと心配する声が出てますよ」(テレビ局関係者)

 最後はキュートな子役の芦田愛菜(8)。

「彼女には『愛菜ちゃん』は禁句で、『さん』付けしないと怒られます。一人の女優として扱ってという意味だと思いますが」(制作会社スタッフ)

 彼女たちを見る目が変わりそう‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    へぇ~納得!女性が夢中になる男の自信復活“本命サプリ”とは あなたはこう感じることはありませんか?

    Sponsored
    72842

    「彼女が泊まりに来てくれなくなった」「女性と一晩過ごしたが、その後連絡が取れなくなった」「自分に自信が持てなくて、女性に積極的にアプローチできない」ある女性のホンネを調査したアンケートでは、相当数の人が「パートナーはパワーがみなぎっている方…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    薄毛頭皮に直接ビタミンC!芸能界でも愛用者が増え続ける育毛剤の隠れた“ヒット商品”とは?

    Sponsored
    68454

    最近みるみる進んでいくのが頭髪の後退。なんとか食い止めたいとさまざまな育毛剤を使ってはみたものの、その効果は一向に現れず。これには薄毛の父親を恨むしかないのか。まったく遺伝というものは、似なくてもいい部分ばかりが似てしまう。だが聞くところに…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
人生初の屈辱!竹内由恵アナが芸人に「顔面格付け第7位」にされてガチギレ
2
佐藤江梨子が海老蔵と結婚できなかった、市川家必須の「妻の条件」が凄すぎる
3
草なぎ剛「嘘の戦争」白熱演技をブチ壊す、水原希子の棒演技と滑舌の悪さ
4
星野源 お気に入りはあの女優?紅白では封印した意外な素顔
5
さんまもブラマヨも何様?「ホンマでっか!?TV」の非情な先生イジリに視聴者が拒絶反応