事件

スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(2) 「AVに出たら友達やめる?」

 当時、お互い一人暮らしで、私が病気になった時に愛は必ず看病に来てくれ、私も愛が熱を出した時には看病しました。
 買い物も食事も一緒のことが多く、夜中でも、
「1人で『Xファイル』観てたら怖くなっちゃったから、泊まりに来てぇ」
 と電話があれば、愛の部屋に行き、一緒にビデオを観た。空腹になれば、パジャマでコンビニ、つらいことがあれば、目黒川のほとりで、2人でしゃがみ込み、何時間も語り合った。私の母が部屋に泊まりに来ると、愛は「お母さん、お母さん」と母に抱きついた。そんな無邪気な愛を、母もかわいがってました。3人で買い物に行けば、
「お母さーん!この洋服似合う?」
 と、愛は自分の母親のように試着室に呼んでいた。ただ、
「いいなぁ、母親と買い物なんて。派手な服を見ても怒らないし‥‥」
 と、寂しそうに漏らすこともありました。
 それから1年ほどたったハロウィン直前のことです。誕生日が近づいてきた愛が、伏し目がちに、
「ねぇ、話したいことがあるんだけど、怒らない?」
 と前置きして、
「私、実は今、16歳なんだ。怒った? これから敬語話さないとダメだよね」
 と告白したんです。私が、
「そんなこと関係ないよ、いまさら敬語で話しても変な気持ちになるからやめて」
 と答えると、愛は凄くうれしそうでしたね。
 その後、私は六本木から銀座のクラブに移り、愛も銀座の別の店に移りましたが、親友関係は続きました。
 そんなある日、愛が私に相談を持ちかけてきた。
「ねぇ、私、AV女優になろうと思うんだけどどう思う?」
「えっ? マジで?」
「うん‥‥いろいろ考えたけど、お金が欲しいんだよね。明美は、私がAV女優になったら友達やめる?」
 不安そうに聞いてきたので、私はこう言いました。
「別に愛は愛なんだから、何も変わらないよ。ただし、いろいろリスクは背負うと思うから、それを覚悟で決めたのなら止めないよ」
 愛は「ほんとに? 軽蔑しない?」と念を押してましたよ。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
ラストアイドルの初ワンマンに「若いアイドルに見せるな!」との声が出るワケ
3
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
4
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?
5
小泉今日子「52歳の爛熟ボディ」に迫る!(1)酔うと潤んだ目でジッと見る