芸能

芸能“危ない”スクープ!春の放出座談会(3)清原逮捕で芸能界の薬物汚染が明るみに?

20160324b

B(ワイドショー芸能デスク) 暗雲垂れこめる芸能界を文字どおり真っ黒に染めてしまったのが、清原和博(48)のシャブ逮捕だった。昨年、小向美奈子が3度目の逮捕となった頃から「次は清原」と言われていましたが、それでも実際にあれだけの大物選手が逮捕されると連日、報道が止まらなかった。

A(芸能レポーター) おかげで最初は違和感あったのに、今では「清原容疑者」という呼び名も妙にしっくり聞こえてくる。こうした事件が起きると芋づる式に芸能人が逮捕されるとよく言われるよね。実際、大物ミュージシャンとか大物司会者とか言われてるけど、どうなんだろう?

C(ベテラン芸能記者) 他にも大物OB野球選手とか、料理店店主とかの名前もあがっているけど‥‥。シャブ使用まではさすがにわからないけど、清原は野球好きのアイドルやタレントとも幅広く交流していただけに釈放を恐れている人は多いよ。

F(社会部記者)清原は一緒にシャブを使っていた元タニマチの男に情報を売られたことで逮捕につながった。そのタニマチは他にもシャブ情報を持っており、ある音楽事業の大物の情報も握っているため、公判等で情報が流れれば、その大物ばかりか周辺のアーティストまで一気に芋づる逮捕につながる可能性がある。

A いずれにしても5月17日の初公判まではシャブ有名人もおとなしくしているしかない。

B 今回の清原逮捕で被害を被った中には、あの酒井法子(45)もいる。すでに逮捕から6年も経過しているのに、その後も田代まさしや高部あいなどが薬物逮捕され、そのたびにテレビなどでの本格復帰が遠のいてきた。そのため表舞台に戻れず、昔とったきねづかで中国など人気を博したアジアで、ひっそり出稼ぎ仕事をするしかない状況が続いているんです。

E(芸能プロ幹部) ところが、そののりピーが、ひそかに営業活動を始めているんです。実は、高校生になった一人息子が芸能界入りを切望しているようなんです。そこで、のりピーは自分の持つコネを最大限に使って、あちこちに土下座行脚をしている。とはいえ、さすがに事件のイメージが強いだけに簡単にはデビューまではこぎつけられないようですね。

A コネを使って楽して芸能界入りしても、実力がなければすぐに見捨てられてしまうのがオチだよ。

B 反対に実力があってもコネがなければ売れない。その最たる例が、一昨年に仲間由紀恵(36)と結婚して注目を浴びた田中哲司(50)だ。結婚を機にドラマもとぎれなく出演するようになった。

C 仲間は間違いなくアゲマンと言えます。でも、田中は酒癖が悪いことでも知られている。とにかく仕事がハネてから飲むのが大好きで、共演の多い渡部篤郎や若手の小栗旬など飲み仲間は多数います。悪いことに彼らは結婚しても“先に帰ったら負け”だと信じているようで朝まで飲む。時には演劇論を熱く語った田中が、大物俳優の頭をわしづかみにしてボコボコにしたなんていう酒乱エピソードもチラホラ聞こえてくる。

E 仲間は逆に結婚してから故・森光子の舞台「放浪記」を引き継いだり、4月からは音楽番組の司会を始めるなど定時で上がれる仕事を増やしている。確実に出産への足場固めをしているのに肝心の旦那が帰ってこないんじゃ始まらないでしょう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」