芸能

スタイリストは見た!新垣結衣・伊東美咲・小林麻央…「私服がダサい有名人」暴露座談会(1)

20150313stylist_a

 イメージが命の女性芸能人、表舞台に出る時にはほとんどの場合、プロのスタイリストが用意した衣装を着用している。しかし、本当のファッションセンスは、テレビには映らないところでこそ問われる。プロのスタイリストたちから見た「私服がダサい」タレントはいったい誰?

A(某タレントの専属スタイリスト)雑誌のモデルさんって毎日のように新作の洋服を着て、リース商品の買い取りが多いからセンスが良いイメージがあるけどどうなの?

B(ファッション誌系スタイリスト)私服のセンスが良いのは、益若つばさかな。朝早くからの撮影でも、いつも髪型から小物、靴までばっちり決まってる。ブログにアップする目的もあるんだろうけどね。

C(フリーのスタイリスト)ローラも何度か撮影で一緒になったけど、私服がすっごい素敵だった! シックなスタイルからワンピースまで、どんな洋服でも着こなしていて、テレビでのイメージと違ってかっこよかったな。

A 逆にセンスが悪いのは誰?

B 新垣結衣! 本当にモデルやってたの? ってくらい、とにかく私服がダサい。ダボダボのロゴTにデニムとか、一昔前に流行った長いベルトを腰から垂らしていたり。ボロボロのショップ袋を愛用していたのも印象的だったな。

C それを言うなら、伊東美咲も。芸能界では抜群の美人だし、人当たりも良いんだけど、私服が‥‥。前に、赤いキャップにサングラス、赤のポシェットにミニのスカートと、全身赤のファッションで現場に来ていて、「今日のラッキーカラーは赤ですか?」って思わず聞いちゃったよ(笑)。

A 伊東さん、前に見かけた時はスーツっぽい上下で綺麗だったけどな。ダサいイメージないからびっくり。

B 小林麻央も、ジャージの上下にブランドバッグとか、派手目なロゴのワンピースに、これまたロゴのバッグを合わせていたり、ちぐはぐなファッションだよね。

C 芸能人ではないけど、加藤茶の奥さん、私服がダサすぎてヤバいって有名だよ。一度だけ見かけたことがあるけど、“たくあん”みたいな真っ黄色のトップスに、ひらひらの花柄のスカートとタイダイ柄のスカーフ。おまけに男性もののキャップかぶってたけど、アクセサリーは大きめのビジューで、どうしてこのコーディネート? って思ったよ。

B あの人のセンスの悪さは異常。バブル時代並みのファッションセンスだし、もしかして年齢サバよんでない?(笑)

 そして、3人はさらに人気アイドルグループのメンバーたちの私服にまで斬り込んでいく‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
4
やっぱりすごい!藤原紀香、胸がパンパンすぎてドレスの柄が目に入らない!?
5
松坂大輔とイチロー「二大戦力外」のストーブ戦線(1)「じゃあ勝手に出ていけよ」