芸能

有村架純初主演ドラマをぶち壊した羽鳥慎一アナの妻に批判が殺到!

20150630arimura

 6月24日に放送されたスペシャルドラマ「永遠のぼくら sea side blue」(日本テレビ系)の視聴率が8.0%だったことがわかった。同作品は若手注目俳優が集結するとあって、放送前から話題となっていたという。

「このドラマは、映画『ビリギャル』などで人気急上昇中の有村架純が主演し、ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)で注目を浴びる窪田正孝が相手役を務めるなど、次世代のドラマ界を担う俳優が出演するということで注目されていました。しかし内容は、取ってつけたような中身の薄い展開が続き、旬の俳優を揃えただけのPVのような作品になっていた。そのため内容に期待していた視聴者からは批判が殺到。また視聴率的にも振るわず、有村の初主演ドラマとしては失敗だったと言わざるを得ません」(テレビ誌記者)

 ドラマを見た視聴者からは「なんだこの脚本は…。2時間を返せ!」「脚本が酷すぎる」と出演者ではなく、脚本家への批判が殺到している。そんな本作の脚本を務めたのは、フリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻であり、美人と評判の渡辺千穂だという。

「羽鳥は2014年に美人脚本家の渡辺と2度目の結婚をしています。表向きには羽鳥と渡辺は、前妻と離婚した後に出会ったとされていますが、離婚前から2人が手を繋いで歩いていたという一部マスコミの目撃情報もある。そのため離婚の直接の原因は、渡辺との男女関係ではないかと噂されています。つまり渡辺は脚本の内容だけでなく、略奪愛疑惑もあることでバッシングをされやすい立場にあるのです」(芸能記者)

 今年、渡辺が脚本を担当した「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)も、歴史的な低視聴率を叩き出したことが記憶に新しい。今後、彼女は視聴者を納得させる作品を生み出すことができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
ゲス極・川谷絵音の衝撃発言で囁かれる「ベッキーのボディはバツグン」説
2
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
3
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
4
桐谷美玲が突如髪型をチェンジするも「阿部サダヲに激似」と爆笑祭りに!
5
常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度