芸能

爆笑問題・太田光がとにかく佐野研二郎氏を擁護するのは当然だった!?

20150911ohta

 爆笑問題の太田光が、五輪エンブレム騒動の佐野研二郎氏を涙目で擁護した件で、ネットでは太田への批判が相次いでいる。それらの声の中には「太田は逆張りしているだけ」「極端なことを言って目立ちたいんだろう」といった論調も目立つようだ。

 だが、お笑いに詳しい芸能ライターは、太田が佐野氏を擁護する理由は明確だと説明する。

「太田の基本的な立ち位置は、反権力です。もともと政治風刺ネタを得意としており、民主党政権の時は菅直人元首相らをネタにしていました。つまり単純な反自民や反保守ではなく、その時々で権勢を振るっている権力者に歯向かうのが好きなんです」

 そうであれば、大手代理店の博報堂出身で、五輪エンブレム選考委員会にも知人が多いと言われる佐野氏は権力者側なのでは? そんな疑問にこのライターは次のように答える。

「おそらく太田が思い描いているのは、森喜朗元首相を筆頭とした東京五輪を牛耳る権力者たちと、エンブレム問題の責任を押し付けられた一人のデザイナーという構図でしょう。佐野氏が権力者の都合に翻弄されているように見えているのかもしれません」

 たしかに太田の佐野氏擁護は、彼なりに筋が通っているのかもしれない。ただ、反権力が基本であれば、安保法案反対デモに対して「そのやり方は通用しないんじゃないかな」と疑問を呈しているのは不思議に思えるのだが。

「太田は民主主義の基本である選挙制度を肯定しているんですよ。沖縄の辺野古移設問題では、選挙に勝った翁長知事を支持していて、国の対応に異論を唱えています。反権力ならデモでもなんでもありではなく、彼なりにきっちり考えたうえで発言しているんじゃないでしょうか」

 理由はともあれ、佐野氏にとっては思わぬところから援軍が現れたようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

    Sponsored
    86516

    「あれっ、なんだか足がかゆい」こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    実写映画化で話題沸騰! 『ジョジョの奇妙な冒険 第4部~PART4 ダイヤモンドは砕けない~』のコミック版が無料試し読みに登場

    Sponsored
    85664

    最近は、新聞も雑誌もコミックもスマホで!なんて話をよく聞きます。デジタルをスマートに使いこなすサマは、かっこいい「大人」って感じですよね。でも、紙の雑誌で育った世代にとっては、まだ未体験という人も多いのでは。そんな人にオススメしたいのが、電…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の怒りに触れた説も…「しくじり先生」打ち切り宣告のシリアス現場!
2
乃木坂46白石麻衣、仲良しプリクラ写真が逆説的に物語る「異次元の可愛さ」!
3
上原多香子 夫の自殺に親友が姿を見せない本当の理由
4
座ったまま合体!有村架純、松本潤との超過激ベッドシーンに映画関係者も大興奮
5
「24時間テレビ」で富士登山にチャレンジした麻痺少年の“虐待デマ映像”が拡散