芸能

感動の最終回の裏で悲劇は起きていた!乃木坂46を襲った日テレの大エラー

20151004nogizaka

 今年6月にテレビ東京系で放送された音楽特番「テレ東音楽祭(2)」で「乃木坂46」を「乃木坂48」とクレジット表記する放送事故が発生。多くの乃木坂ファンを激怒させたことは記憶に新しいが、またもやその悲劇が繰り返された。

 先月28日に放送された乃木坂46の冠番組「NOGIBINGO!5」(日本テレビ系)が最終回を迎えた。同回ではメンバーたちがグループの今後について討論したり、親からの手紙が贈られ、涙するメンバーも続出するなど、感動要素満点の文句なしの“神回”だったのだが、その悲劇は放送後に動画配信サービス「Hulu」で限定配信されたスピンオフ企画「深川さん」で起こってしまった。なんと番組冒頭の番組内容を紹介するテロップで、グループ名を「乃木坂48」と誤植してしまったのだ。

「今回はネット配信とはいえ、乃木坂46の冠番組のスピンオフ企画。普段密接に関わっているスタッフがこういったミスを起こしたということにファンたちは相当ショックを受けているようです。その度合いは前回のテレ東の比ではない。その後、問題の部分は即座に修正され、再配信されたようだが、時すでに遅し。この失態はツイッターを中心に拡散されており、すでに多くのファンに知れ渡ってしまっています」(アイドル誌ライター)

 案の定、ファンたちからは「おいおい、外部の番組での誤植ならまだしも、さすがにこれはまずいでしょ」「番組は面白かっただけに残念」「ん、新グループ誕生か?」「これは全面戦争ですね」などの声が上がっており、よもやのボーンヘッドにすっかり呆れてしまっているようだった。

 一般視聴者が書き込みなどで間違えるなら致し方なしだが、乃木坂46にとっては普段仕事を共にする身近なスタッフに間違えられるという悲しすぎる惨事。ただ、こういう事態が起こることでメンバーたちも全国的に知名度がまだまだ不足していると悩んでいるのが現状だという。今回の出来事がさらに乃木坂46の闘志に火をつけるいい刺激となればいいのだが‥‥。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
高畑裕太がトイレまで執拗に追いかけ…“マナカナ”三倉茉奈も襲われる寸前だった!
2
香取慎吾もドン引き!高畑裕太が逮捕前に見せていた異常行動とは?
3
高畑裕太の逮捕で「24時間テレビ」制作陣が最も頭を悩ませたこととは?
4
SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(2)紅白司会者はジュリー派だけ
5
SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(1)SMAPの母vs新旧女帝