芸能

「白石麻衣だろ、いや西野七瀬だ!」乃木坂46が総選挙したら誰が1位?

20151025nogizaka

 AKB48の公式ライバルとして誕生し、8月で結成4周年を迎えた乃木坂46。昨年叶わなかった紅白出場へ向けて今年はますます一致団結し、人気もまだまだ上昇中の彼女たち。そんな乃木坂46のグループ活動でのAKB48との大きな違いは、固定の劇場がないことが真っ先に挙げられるが、ファンの関心という意味でもっとも大きな違いは、選抜総選挙を行っていないことだろう。

 選抜総選挙に関しては、今年5月までAKB48を兼任していた生駒里奈は昨年に経験済み。みごと14位にランクインし選抜枠入りを果たしている。そのためファンの間では常にといっていいほど、「握手会人気が生駒以上の白石麻衣や西野七瀬が参加していたら神7に入っていたのでは?」など、もしも乃木坂が選抜総選挙を実施したら結果はどうなるのかが、トークの話題となっている。実際、AKBグループのそれほど熱烈なファンではない一般の人の中にも、気になっている人が多いのではないだろうか。

 現在の乃木坂46の握手会人気は、白石と西野が圧倒的で揺るぎない2トップといえる。それ以降の順位は地方によってはバラつきがあるものの、深川麻衣、橋本奈々未、衛藤美彩、秋元真夏、生田絵梨花といったメンバーたちが続いている。

「現段階で総選挙を実施すると、基本的には握手会の人気順に順当にランクインするはず。つまり、白石と西野の1位争いが確実です。この2人はAKBグループの選抜総選挙に出てもトップ争いができるほどの人気で、握手会は全ての部数を完売。売り上げスピードもほぼ同等と甲乙付け難い存在です。あえて勝負の分かれ目を考えるなら、一般認知度でしょうね。以前、雑誌『サーカスMAX』が一般男性300人を対象とした乃木坂46の人気投票企画を敢行しています。そこでは1人3票まで票を入れることができたのですが、生駒が約半数の130票を集め1位に。白石が108票で2位となっている。西野は3位にランクインしましたが、48票と上位2名に大きく離されています。この結果から、世間の認知度はまだまだ“生駒&白石=乃木坂”というイメージが強い。もしも乃木坂46の総選挙が実施されれば、1位が白石、2位が西野となる可能性が高いですね」(アイドル誌記者)

 実際、ライブ会場での歓声の大きさ、推しタオルの比率から西野にはコアなファンが多いことがわかるという。一方、白石には握手会やライブには訪れないライトファンがかなり存在し、女性ファン数もグループ1位だとか。話せば話すほど気になってくるが、はたして乃木坂46の正真正銘のセンターは誰なのだろうか?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼、イケメンデザイナーとの「密着写真」公開にファンが大ダメージ!
2
「地方なめんな!」の声まで…浜崎あゆみ、ライブ短縮・中止続発でファン困惑
3
Hey!Say!JUMP「紅白」初出場決定にファンが喜べぬ理由は有村架純!
4
森且行との“合体”で元SMAP勢が五輪ビジネスで「古巣」を打ち負かす!?
5
決めポーズと視線がハマりすぎ!すみれ「元ヤン疑惑」を元暴走族男性が徹底解説