芸能

ダルから養育費200万も、紗栄子は女優復帰&熱愛でいよいよ子育てを放棄か!?

20151025saeko

 恋多き女の紗栄子が、富豪の社長と交際発覚。2児を抱えるママタレントが色恋にうつつを抜かしていると、世間の子育て世代から総スカンを喰らっている。交際が発覚したお相手は通販サイトZOZOTOWNの創業者で、保有資産は約2000億円。前夫のダルビッシュを上回る部分を持つのは確かなようだ。

 一方で紗栄子は現在、月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)にレギュラー出演中。8年半ぶりの女優復帰となったが、ニュースサイトのインタビュー記事では「子どもたちにとって親は私だけだし、そこを一番に考えなくちゃいけない」とも語っていた。そこには明らかな矛盾があると、子育て中の女性誌ライターが指摘する。

「同じインタビューで紗栄子は、『子どもたちの受験も終わって、学校にいる時間が長くなったこのタイミング』で女優に復帰したと説明しています。でも長男はいま小2で、次男は年長組。手離れするどころか、普通は“小1の壁”と呼ばれる子供が小学校に上がる時期こそ、子育てが大変になるんですけどねえ。なぜこの時期の女優復帰なのか、理解に苦しみます」

 それでもまだ仕事復帰が理由なら、子供との生活のためという大義名分も成り立つだろう。だが紗栄子は同時期に、男性との交際もスタートさせているのである。こんな状況でまともな子育てができるのだろうか? 前出の女性誌ライターが続ける。

「紗栄子のお相手は、子どもができたら認知はするけど結婚はしないと公言している人物。これでは単なる男遊びに過ぎません。女優復帰と交際スタートのどちらが先か知りませんが、いずれにしても自分の子どものことを考えたら、あり得ない行動じゃないですかね」

 その紗栄子はダルビッシュから毎月200万円の養育費をもらっているという。それだけあれば専任のベビーシッターを雇ったり、実家から家族を呼び寄せるのも余裕だろう。それゆえ子育てに関しては、本人はさほど心配していない可能性もある。

「恋愛は本人の自由とは言え、小学生の子供がいるシングルマザーが結婚の可能性がない男性と交際するなんて、考えられません。紗栄子はママ友仲間のリーダー格だという話もありますが、周りのママ友はどう思っているんでしょうかね。そんな紗栄子が、子どものことを一番に考えていると言っても、説得力はゼロどころかマイナスです」

 女優業と男遊びに忙しい母親は常に不在がち。その子どもたちはどんな気持ちで母親・紗栄子を見ているのだろうか。他人事ながら心配になってきてしまいそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道