芸能

【再ブレイク中】藤本美貴は「本当に数字を持っている」超優良ママタレだった

 藤本美貴が再ブレイク中だ。アイドル時代を経て、3児のママタレとして活躍しているが、ここのところの人気は加速度を増している。

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)ではいつの間にか、準レギュラーに昇格。

「他の特番やレギュラー番組のゲスト候補としても、頻繁に名前が挙がるようになりました」(番組制作会社スタッフ)

 その要因は複合的だ。自身のYouTubeチャンネル〈ハロー!ミキティチャンネル〉で、ユーザーからの悩み相談に次々と名回答を繰り出す「ご意見番」ぶりにある、との分析があれば、潜在的なファンを掘り起こしたキッカケとしては、「夫が寝たあとに」(テレビ朝日系)の存在も大きいと言える。

「夫が寝たあとに」は、同じく3児の母である横澤夏子と、育児や家事、夫に対する本音を語り合う、ママ特化型バラエティー番組。昨年10月、水曜深夜にひっそりとスタートし、時間は26時30分から47分までのわずか17分。これが思いのほか好評で、切り抜き動画の総再生回数が4000万回超えの大バズりとなる。「TVer」の再生回数でも上位につけるようになり、今年4月から異例のスピード昇格。土曜24時30分から25時までの30分番組となった。

 藤本と横澤の相性はすこぶるいい。番組制作会社スタッフが続ける。

「藤本が最初に切り込むタイプで、横澤はそれをうまく受け入れて、話を広げていく。もちろん横澤が先陣を切って子供の悩みを打ち明けることもありますが、彼女たちをブッキングした時点で、番組の成功は約束されていたと言っていい。3人の子供を育てている両人のもとにゲストとしてやってくるママタレが悩みを打ち明け、子育て談義がさらに白熱していく様は面白い。30分番組になったことで、一般ママさんのロケVTRを見ることも多くなっていますが、基本的には深夜時代と変わらず、余計な演出がないのがポイントです」

 ある日の放送では、個人視聴率0.7%(ビデオリサーチ調べ、関東。以下同)、平均世帯視聴率1.5%を記録している。このデータだけでは特段インパクトがないが、その前のJO1の冠番組「PRODUCE JO1 LOVE OF LIVE」が個人0.5%、世帯で1.2%。つまりは30分遅い「夫が寝たあとに」でしっかりと数字を上げているのだ。しかもJO1の番組はF1層(20~34歳女性)が0%だったにもかかわらず、「夫が寝たあとに」では0.2%と、女性層が起きてまでチャンネルを合わせていることになる。

「よく『数字を持っている』と言われますが、これは裏番組の兼ね合いだったり、外出できないような大雨だったりと、特異な状況に起因していることがあります。しかし、普通であれば数字が下がる後ろの深夜番組で視聴者が増えているのは、まさしく『数字を持っている』証拠。もちろんそこには『相方』横澤の存在を忘れてはいけません。彼女は4月から『ぽかぽか』(フジテレビ系)の月曜レギュラーとして新加入しましたが、これも『夫が寝たあとに』をはじめとする追い風があってのものでしょう」(放送作家)

 激変するママタレ勢力図。ミキティは今後、どこまで上り詰めるのか。

(田中港)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】