芸能

綾瀬はるか&香取慎吾「映画は全爆死」コンビで三谷幸喜の常勝ストップ!?

20151029ayase

 三谷幸喜監督のスペース・ロマンチック・コメディ映画「ギャラクシー街道」が10月24日に公開された。初日の舞台あいさつでは主演の香取慎吾、ヒロインの綾瀬はるから、主要キャストが勢揃いし、花を添えた。

「配給の東宝が24日の時点ではじき出した興行収入予想は約30億円。フジ・サンケイグループが総力をあげて宣伝を展開、三谷監督も最大限に参加してPRに励んだわりには物足りない数字です。三谷監督は9年前の映画『THE有頂天ホテル』で興収60.8億円を記録。その年の邦画第3位の記録を残していますからね。口コミで右肩上がりに増えていけばいいのですが、出演者の大竹しのぶが舞台あいさつで『ほんとにくだらなくて、何もない映画』とズバリ言いきっていましたから、そのへんは難しいかも」(映画関係者)

 香取といえば、歌だけでなくドラマ、映画と出演作も多い売れっ子だ。一方の綾瀬も連続ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で注目され、時代劇ドラマ「JIN~仁~」でブレイク。大河ドラマにも主演するなど、国民的女優の名をほしいままにしてきた。ところがこの2人、映画ではコケまくりなのだ。それゆえ、2人が共演すると聞いて、映画関係者は大いに心配したのである。「常勝・三谷についに土がつく」と。

「三谷作品は11年の『ステキな金縛り』が42.8億円、08年の『ザ・マジックアワー』は39.2億円、13年の時代劇映画『清州会議』が29.6億円の興行収入をあげている。オールスターキャストによるドタバタコメディである『ギャラクシー街道』も初のSF作品ということで、プラスアルファの効果が生まれるのではないかと言われていたんですが。やはり、大コケコンビには荷が重過ぎましたかね」(映画記者)

 綾瀬主演映画はこれまでに「おっぱいバレー」5.3億円、「ひみつのアッコちゃん」6億円、「リアル~完全なる首長竜の日~」4.2億円、「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」7億円で、製作費を回収できない額の興行収入しか生み出していない。香取も「座頭市 THE LAST」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE~勝どき橋を封鎖せよ!~」、「LOVEまさお君が行く!」がことごとく爆死している。

「綾瀬はその魅力を最大限に生かすことのできない作品に主演したこと。香取は劇場に足を運んでくれるファンの存在を無視するようなまったくニーズのない映画で主演してきたこと。いうなれば、作品選びがまずかった。三谷監督は役者の魅力を分析、最大限に生かすためにアテ書きした脚本でメガホンをとった。これで当たらなければ、もう手の打ちようがないことになる」(興行関係者)

 先の舞台あいさつで、香取と綾瀬の関係者だけは「これで大コケを回避できるかも」と三谷作品での浮上をニラんでご機嫌だったというが‥‥。

 お気に入りの役者はエンドレスに起用し続ける三谷監督。2人の「次回作」はあるのか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
2
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
3
よくぞ言った!坂上忍の「本田圭佑批判」がサッカー界から賞賛される理由
4
X JAPANが日本公演の日程を発表、これが「ラストYOSHIKI」になる!?
5
ダレノガレ明美の写真を巡って「ニップル?それともボタン?」の激論が勃発