芸能

ももクロ「紅白卒業」で露呈した事務所とメンバーの“すれ違い”

20151202momokro

 11月26日、「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。驚きだったのは、3年連続出場していた「ももいろクローバーZ」(以下、ももクロ)の落選だった。

「初出場の時に比べれば人気は落ちてきましたが、『ももクロ』が登場すれば会場は盛り上がるだけに、落選は意外でした。出場が決まった歌手の中には、『えっ』と疑問視せざるをえない歌手もいますので‥‥」(音楽ライター)

 さらにファンを驚かせたのは、同日にももクロの公式サイトで、「紅白歌合戦を卒業します」と宣言したこと。それに困惑したのは、“モノノフ”と呼ばれるファンたちだ。突然勃発した紅白をめぐる“騒動”について、あるモノノフ男性はこう話す。

「わざわざNHKにケンカを売るような真似をしなくていいと思うのですが。メンバーにとって紅白は大事な舞台。初出場の時には、『行くぜっ! 怪盗少女』を歌った時に、脱退したメンバーの名前をコールして感動させてくれたこともありました」

 事務所サイドとメンバーの“すれ違い”も明らかになった。

 落選から翌日にメンバーの佐々木彩夏は、自身のブログを更新。

〈昨日、今年の紅白の発表がありました。ももクロは落っこちてしまいました。紅白を卒業することになりました。(中略)あーりんも、昨日さみしくて心がぽっかりしちゃったよ。正直、すごい悔しいし残念〉

 と飾らない思いを綴ったのだ。

 一方で、前出の音楽ライターは事務所の皮算用についてこう語る。

「毎年、紅白出場で11月下旬までそわそわするより、早い時期から大晦日ライブを計画したほうが、はるかに儲かります。モノノフにとってもテレビで1曲聴いて終わるより、たくさん聴けるライブを期待する声も上がっています」

 事務所が下した決断が吉と出るのか、凶と出るのか。その答えは来年にわかるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
4
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに