芸能

今さら広末涼子と内田有紀って…大爆死したフジ木22ドラマ唯一の希望とは?

20160118hirosue

 1月14日に放送されたテレビドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)第1話の視聴率が7.9%だったことがわかった。この記録はフジの木曜22時台において特に低い数字だという。

「フジの木曜22時ドラマといえば、初回は安定して2ケタを獲得できる枠でした。しかし、それが昨年の篠原涼子主演『オトナ女子』で9.9%を記録してしまい、一部で話題に。そして今回の『ナオミとカナコ』では、それをさらに下回る7.9%という目も当てらない悲惨な数字となってしまいました。初回でこの数字だと、後半はさらに厳しい視聴率となることが予想されます」(テレビ誌記者)

 ドラマ「ナオミとカナコ」は、主人公(広末涼子)の親友(内田有紀)が、夫からDV被害に遭っていることで、親友を救うために女達が殺害計画を企てるという物語である。

 そんな同ドラマに関して、ネットでは「今さら広末と内田?」というメイン2人に対する辛辣な意見や、夫が殺害されずに1話が終了したことで、「展開が遅すぎる!」と一部視聴者から不満の声が飛び交った。

 しかし、主人公と交流する中国人を演じた高畑淳子にだけは、視聴者から称賛の声が殺到しているという。

「高畑が演じた中国人社長役の印象があまりに強烈だったため、視聴者は本編の内容よりもそちらに興味がいったようです。放送後、ドラマを称賛する人のほとんどが、高畑が演じたキャラクターや演技に関するもので、『高畑さんのインパクトが凄すぎる』『高畑がもっと出演すれば人気出るぞ』といった声が多く聞かれました。そのため今後は、高畑の怪演が視聴者を引っ張る重要な要素となりそうです」(前出・テレビ誌記者)

 過去、「3年B組金八先生」(TBS系)や「白い巨塔」(フジテレビ系)など、数々の有名ドラマに出演してきたベテラン女優の高畑。今後、彼女の演技によって、視聴率を押し上げることができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
やっぱりコネ入社?フミヤの息子・藤井弘輝アナの“鼻毛”より驚いた非常識ぶり
2
小林麻央 海老蔵も許可?「VIP闘病」に古巣の日本テレビ「NEWS ZERO」が独占密着
3
中川翔子の開脚写真にネット民が「こんなに開いちゃうなんて…」と大興奮!
4
信じられない!月9ドラマで桐谷美玲と三浦翔平の犯罪行為に視聴者ドン引き
5
あのアニメキャラに似てる?深田恭子のインスタ水着画像に賛否が続出