芸能

まさに「ありがとう文春!」、ゲス極・川谷、倫理観ゼロLINEでもバブル到来

20160121gesunokiwami

「週刊文春」の最新号で、新たなベッキーとのLINEやり取りをあっさり暴露されてしまった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音。

 LINEに書き込んだ「ありがとう文春!」の文面どおり、不貞愛も完全に開き直って継続中。さらに最新アルバム「両成敗」はオリコンチャート1位と、まさに飛ぶ鳥も倫理観も全て落とす勢いだ。

 そんな川谷率いるゲス極は、22日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に2週連続生出演する。前回15日の放送では演奏前後で2回お辞儀をした川谷。スキャンダル前に決まっていた出演だけに、冷めた目で観ていた視聴者たちも「これで最後にしろよ」と、半ばあきらめ気分だったことは事実。ところが、番組エンディングのテロップで次週、つまり22日の出演者ラインナップにゲス極の名前を見つけ、ほぼ全員がひっくり返った。

「まさかの2週連続かよ!」「なぜ出られるんだ?」「非常識の極み」などとツッコミが入るのは当然だろう。

「出演CMの打ち切りや、レギュラー出演中のバラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも、あきらかに映らないように編集されていたベッキー。彼女には最新の文春報道でさらに風当たりが強くなりそうですが、ゲス極だけは2週続けて人気音楽番組でプロモーション、CDも売れて川谷には楽曲印税がたんまり。このカオスには正直、メディアもどう対処していいのかわからない状態が続いているのでは?」(週刊誌記者)

 混乱しているのはメディアだけではない。「ギネス級の炎上商法」「嫌いなのに頭の中で歌が回る」「いつの間にかうちの子供がファンになってる」「まさに、ありがとう文春じゃねーか!」とある意味、一般の声も戸惑いを隠せない。

 人気バンドゆえの真っ当な出演なのか、それとも視聴率欲しさのMステ制作者が“ゲス”なだけなのか、どちらにせよ22日はお辞儀以上の何をしでかすか、釈然としないながらも注目を集めているのは間違いない。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」