政治

有権者には知られたくない…国会議員“口利き”荒稼ぎ現場!(2)議員みずから詐欺を持ちかけることも…

20160211e2nd

 総理経験者を抱き込んだ大仕掛けの「口利き詐欺」もある。キッカケは、新進気鋭のサービス産業創業者に浮上した醜聞だった。

 当時、その創業者はみずからの醜聞を巡って、複数の右翼団体などから執拗な攻撃を受けていたという。そして、度重なる攻撃を何とか鎮静化させるべく、以前からつきあいのあった政界フィクサーに相談を持ちかけたというのだ。創業者に仕えていた元経営幹部が明かす。

「その政界フィクサーは、かつて総理大臣の指南役を務めたことのある人物で、自民党の派閥の領袖クラスにも顔が利きました。最初は相談のたびに30万円や50万円ほどを手土産代わりに手渡していたんですが、そのうちフィクサーの要求がエスカレートしてきて、『元総理を動かすには子供ダマしのカネではダメだ』などと言い始めたんです」

 結局、創業者は合計数千万円もの闇ガネをフィクサーに支払うことに。その一部はフィクサーを通じて元総理のもとにも届けられたそうだが、右翼団体による攻撃がやむことはなかったという。

「最終的には別の黒幕ルートを使って、騒動は落着しました。元総理とフィクサーにまんまとダマされた格好ですが、相談を重ねる中で創業者のスキャンダルを洗いざらいつかまれてしまっているため、泣き寝入りをするしかなかったんです」(前出・元経営幹部)

 地元の支援者の父兄らをダマす「裏口入学詐欺」もポピュラーかつ健在だ。さるベテラン参院議員の現役私設秘書は、

「裏口入学詐欺は『私設秘書らの小遣い稼ぎ』と言われていますが、なかなかどうして、みずから詐欺を持ちかける議員センセイも少なくありません」

 と前置きしたうえで、次のように打ち明ける。

「今や詐欺の舞台は大学から有名私学付属校などの小学校にまで及んでいます。その手口はまず、受験を控えた子弟を持つ支援者などを秘書らに探らせ、脈のありそうな父兄らを地元の事務所などに呼び出し、『あそこには顔が利くんだけどね』などと切り出すんです」

 そして、話に乗ってきた父兄から400万円前後のカネを預かるのだが、口利きなど真っ赤なウソ。この私設秘書が続ける。

「結局、子弟は自力で受験することになります。それで落ちたら預かり金の大半、もしくは全額を返す。反対に受かった場合は口利きのおかげと称して預かり金の全額をいただく、というカラクリです」

 中にはトラブルに発展するケースもあるが、父兄側にも後ろめたさがあるため、事件化することはまずないというのだ。

 何とも驚きアキレるばかりの、荒稼ぎ手口の数々。甘利事件でも登場した議員会館や地元事務所は今も昔も、怪しげな話と札束が乱れ飛ぶ伏魔殿なのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 54881
    PR
    マイナス金利導入で値上がりも?まだ間に合う「生命保険の見直し」その秘策

    今年2月16日から、日本史上初の金融政策である「マイナス金利」が導入されました。だけど、この政策によって私たちの生活にどのような影響があ

  2. 49459
    PR
    元気ハツラツの秘訣は『にんにく』『しじみ』『牡蠣』のトリプルパワー

    年齢を重ねていくたびにしんどくなってくるのが、年末年始の宴会。“おつきあい”とはいえ連日宴席となると、カラダの外も内側もズッシリと溜まり

  3. 56571
    PR
    年齢面で不利な“40代の婚活”を変えた「結婚相談所のサービス」その仕組とは?

    40歳を過ぎていよいよプレッシャーを感じてきたのが「結婚」の二文字。「まだ婚活は早い」「婚活をしなくてもそのうちいい出会いがあるだろう」

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶が一時意識不明、番組退席直前の異変とブログに綴っていた“心の闇”
2
視聴率爆下げの原因?松本潤「99.9」公式ツイッターの発言に視聴者から批判殺到
3
田中みな実が圧勝!前田敦子が自分のインスタグラムで公開処刑される
4
貫地谷しほりが公開したすっぴん写真がまるで「行為中」そのもの!?
5
まるで岡本夏生…真木よう子が超絶劣化も胸は健在で男性ファンは「ならば良し」