芸能

広末涼子 ドラマ「ナオミとカナコ」撮影スタッフに見せつけた“変わらない魅力”とは?

20160225k

 主演ドラマの視聴率が、イマイチ伸び悩む広末涼子(35)。それでも撮影現場では美肌と生脚でスタッフをビンビンに元気づけていたッ!

 広末と内田有紀(40)の初共演が実現した冬ドラマは「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)。ベストセラー作家・奥田英朗氏の同名小説が原作で、親友同士の2人が協力しながら、DV夫を殺害して完全犯罪を企てるというもの。

「脚本はおもしろくてしっかりしているし、キャスティングにも自信はあったのですが‥‥」

 と、ドラマ関係者が首をひねるように、初回視聴率は7.9%。それ以降も数字はほぼ横ばいを続けている。ただ、撮影中の雰囲気は明るいようだ。

「内田さんの夫役の佐藤隆太さん(35)は、暴力シーンをあまり演じたことがなく、演出家から『もっと迫力を出さないと、DV夫の怖さが伝わらないぞ』と何度もNGを出しました。悩んでいる姿を見かねて、広末さんと内田さんがそばで『頑張って!』と励ましていたんです。ある意味、うらやましいですよね(笑)」(前出・ドラマ関係者)

 休憩中には、女優たちのこんなガールズトーク現場も見られたという。

「広末さんが内田さんに、『他のドラマでも犯罪者役を演じたから、何でも聞いて』と話していました。また、共演者の吉田羊さん(年齢非公表)と高畑淳子さん(61)はNHK大河『真田丸』でも共演しています。あちらでは高畑さんが義理の母役なので、吉田さんが高畑さんを『母上、母上~』と冗談っぽく呼んでいます」(前出・ドラマ関係者)

 そんな和気藹々(あいあい)とした現場でもやっぱり「主役」は広末。熟した「人妻の武器」を男性出演者やスタッフに見せつけていた。

「薄化粧で、とにかく肌に透明感とハリがあります。ぷるんぷるんのモチ肌は10代でデビューした頃と変わらないんじゃないでしょうか」(ドラマスタッフ)

 広末も親しい関係者にこう話していたようだ。

「30歳を過ぎてから肌がだんだんキレイになってきて、自信があるの」

 昨年7月には、第3子を出産。子育てで規則正しい生活を送っていたら、肌が若さを取り戻したという。

 さらに、スタッフの目を釘づけにしているのは、スラリと伸びたその美脚だった。

「現場に生脚で来る時があるのですが、白くて柔らかそうな太腿に目が誘われちゃいます。ふくらはぎもムダ肉ゼロで、つややか。フェロモン支持率では、『人妻』も加味され、吉田派より広末派が一歩リードしています」(前出・ドラマスタッフ)

 私生活では、「肉食」で知られる広末。2年前には俳優の佐藤健(26)との「岩盤浴不倫」が報じられているだけに、最近も“つまみ食い”してはいないのか。

「報道後はおとなしくしているようです。夫のキャンドル・ジュン(42)と不仲説がたびたび浮上しますが、関係は良好。子供の運動会など、行事には夫婦そろって顔を出しています」(スポーツ紙記者)

 視聴率回復のため、広末がもう一肌脱いでみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 57616
    ストロングすぎる!?雨上がり決死隊・蛍原のおかっぱ頭に史上初の異変が!

    4月27日、「スカルプD 薬用スカルプシャンプー ストロングオイリー」の記者発表会が開催され、CMでお馴染みの「雨上がり決死隊」の2人が

  2. 62097
    この3つがNG習慣!急速に増加中、目のピントが崩壊する「スマホ老眼」とは?

    近頃、ふとした瞬間に「あれ?目のピントがおかしいぞ…」。そんな感覚を持った人はいないだろうか?もしも、答えが「YES」で、さらにあなたが

  3. 58844
    夫の昔と今のギャップで離婚を考える妻も!小林製薬が発表した驚愕の調査結果

    インパクトのある商品名を付けることでお馴染みの小林製薬が「ナイシトール」発売10周年を記念して、「夫の昔と今のギャップに関する調査」を実

注目キーワード

人気記事

1
完全に罰ゲーム!険悪空気の「SMAP×SMAP」が金メダリストを出演させ批判殺到
2
高畑裕太がトイレまで執拗に追いかけ…“マナカナ”三倉茉奈も襲われる寸前だった!
3
嫌がるどころか自ら…土屋太鳳が高畑裕太のボディタッチ攻撃を手玉にとっていた!
4
「24時間テレビ」でオリラジ藤森と寝た女性スタッフが特定される放送事故!
5
「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(1)独自理論のドラフト結果は…