芸能

美人女優たちが共艶!NHKドラマはこんなに大胆!(3)広末涼子も禁断の関係を演じ…

20160310y

「家庭教師と教え子」という禁断のラブシーンが好評だったのは、14年に放送された広末涼子(35)主演の「聖女」だ。

「広末が演じた緒沢まりあは、世間を騒がす連続詐欺・殺人事件の容疑者。その弁護をすることになったのは、かつて肉体関係を持った、中村晴樹(永山絢斗)でした。高校時代に晴樹は家庭教師のまりあにホレ、勉強を教えてもらっている最中に告白してしまうのです」(放送担当記者)

 そのシーンを振り返ろう。

「先生のこと何も知らないけど、誰にも渡したくない」

 そう思いを告げた教え子が気持ちを爆発させるように広末に抱きついていく。

「ダメ、晴樹クン‥‥」

 一度は体を押しのけたが、突然、今度は広末のマグマに火がつき、教え子の唇を激しく奪う。場面は変わり、ベッドの上にあおむけになった広末に教え子が覆いかぶさると、優しく口づけを何度も交わす。淫靡な音が何ともたまらない。続けて、白いスリップから肌をあらわにした広末は、胸元を愛撫されると、ウットリとした表情で快楽に身を委ねるのだった。

「広末さんは犯罪者役なので、演出家は激しいセックスより謎めいた幻想的なイメージで官能場面を表現したかったそうです。ベッドシーンは広末さんが永山さんをリードしていて、『やっぱり実生活での経験が違うな』と、スタッフから感心する声が上がっていた」(ドラマ関係者)

 プライベートでは、9歳離れた俳優の佐藤健(26)と岩盤浴不倫デートが報じられたこともあり、年下を手のひらで転がすのは、造作もないようだ。

 13年放送の「ガラスの家」は、「セカンド──」と同じく大石静氏の脚本ということもあり、放送前から過激濡れ場が期待されていた。

 井川遥(39)が扮する玉木黎は、飛行機事故で両親を亡くすが、同じ事故で妻を失った財務官僚の澁澤一成(藤本隆宏)と出会う。藤本には成人した長男と次男がいたが、結婚して一緒に暮らすことになった。

 そんなある日、夫は長男が井川に恋心を抱いていることに気がつく。それに嫉妬した夫は、井川をベッドに押し倒した。裸の状態で乳房が枕に押しつけられ、執拗にいたぶるような愛撫を続ける夫。井川は体をくねらせながら、愉悦と困惑の表情を浮かべる。そしてうつ伏せのままバックの体勢で責められるが、隣の部屋に長男がいるため、必死にアエギ声を押し殺す。

「井川さんの白磁のような美しい肌に、演出家が言葉を失うほどでした。夫役の藤本さんはふだんは野性的で体格もいいのですが、『俺のような者が肌に触れて、すみません』と恐縮しきりでした」(ドラマスタッフ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事!
2
乃木坂46白石麻衣の「倹約」告白にファンが再びザワつき始めた理由!
3
武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた
4
時の流れは残酷!? B’z・稲葉浩志のトーク顔が「完全にオバチャン」で騒然!
5
映画「銀魂」が37億円突破!「ジョジョ」は大爆死で格差が浮き彫りに