芸能

中山美穂 主演ドラマ「賢者の愛」で見せる過激シーンで低迷状態からの復活なるか?

20160804c

 8月20日から放送されるドラマ「賢者の愛」(WOWOW)で、中山美穂(46)が2年ぶりに主演を務めることになった。

 原作は、直木賞作家・山田詠美氏の同名小説。女性編集者の高中真由子役を演じる中山は、初恋相手・田辺誠一を親友・高岡早紀に奪い取られ、高岡の息子・直巳(竜星涼)を自分好みに調教して、復讐の道具に仕立て上げていく。中山は台本を読んだ感想として、

「危うくも濃密な愛憎劇は、私の中のいろいろな感情を刺激しています」

 とコメント。公開されたポスターでは、調教する年下男と一緒に裸の状態で紺色の布を体にまとい、ほっそりとした美脚と、首から胸元のデコルテラインを大胆披露した。

 原作では、官能的な場面がたびたび登場する。年下男に何度も、真由子を想像してオナニーにふけったことを告げられると、

〈いつか、その精液、私の口に捨てていいわよ〉

 と挑発してジラしたかと思えば、年下男と結ばれた時にはこんな場面が描かれている。

〈性器を挿入する際には、クリトリスを指で嬲って欲しいと頼みましたし、直巳は、性器を口に含んでくれる場合には、濡れた指で陰嚢の裏側から肛門にかけてを優しく揉んで欲しいと懇願しました〉

 これを中山が体当たりで演じようとしているだけに、ベッドシーンには期待と股間が膨らむばかり。

 私生活では、14年にミュージシャンで作家の辻仁成(56)と離婚。新恋人として音楽家の渋谷慶一郎氏(43)との交際が報じられていた。それが、仕事に影響を及ぼしたようだ。

「離婚の話し合いの最中に新恋人の存在が明らかになりました。子供の親権は辻になり、中山には子供よりも男を優先したイメージがついてしまった。現在は渋谷と破局したようですが、世間にイメージの悪さが残っていて民放ドラマではオファーしづらい状況です」(民放テレビ局関係者)

 “子供よりも男に走った”代償は、音楽活動にも響いた。

「昨年、歌手デビュー30周年を記念して、CD-BOXを発売。しかし、渋谷との交際について詳しく聞かされず、身勝手な行動で事務所との間にヒビが入ってしまった。宣伝に力を入れてもらえず、話題にならなくて、売り上げはイマイチでした」(芸能プロ関係者)

 今年4月に渋谷との破局が報じられた中山は、新宿2丁目など、繁華街で飲み歩く姿が目撃されている。

「六本木の生バンドが演奏する店でミポリンが飲んでいました。初対面の客同士で盛り上がれるアットホームな雰囲気でしたが、彼女は急に泣き始め、1曲も歌わずに帰ってしまったんです」(目撃した客)

 調教ドラマでストレスも発散できればいいのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    2017アサ芸プラス人気記事ベスト5⇒1「マッチ『愚か』な発言」に圧勝の後輩

    95590

    徳間書店が運営するニュースサイト「アサ芸プラス」。先の人気記事第10位⇒第6位に引き続き、2017年の人気記事トップ5を公開します!5位:近藤真彦、国分太一にまくし立てた「パワハラ結婚論」に大ブーメラン!国分太一がMCを務める情報番組「ビビ…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
2
人気モデル・宮本彩菜、人気ラッパーとの超過激「ベッド動画」漏洩の大波紋!
3
逆にグッジョブ! 乃木坂46生田絵梨花「格付けチェック」誤答連発に絶賛の声
4
キムタク赤っ恥!断トツ爆死「さんタク」が明石家さんまの黒歴史になる!
5
ここでエキサイト? フジ秋元優里、“不貞愛”舞台の竹林が「観光名所化」危機