芸能

追悼・大橋巨泉 愛弟子・共演者が語るゲバゲバ型破り人生!(1)TV界の常識を破壊した型破りな素顔

20160804e1st

 昭和の巨星逝く──。「11PM」をはじめ、「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」「世界まるごとHOWマッチ」など人気番組の司会者として一世を風靡した大橋巨泉さんが、去る7月12日、82年の人生に幕を下ろした。豪快で型破りな素顔を愛弟子らが“まるごと”明かした。

「どうぞ大橋巨泉の闘病生活にあっぱれをあげてください。勇敢に戦ってきました。特に4月からの3カ月間は死を覚悟し、全てを受け入れて一言も文句を言わず、痛みを訴えず、じっと我慢をしてくれました」

 47年間連れ添った妻・寿々子さんは報道陣に配った文書で夫をそうたたえた。

 05年に胃ガンの手術をして以来、11年間にわたってガンとの闘病を繰り広げてきた。13年に咽頭ガン、14年にリンパ節のガン、そして昨年には肺ガンが判明し、今年2月には左鼻腔内にガンが見つかった。まさに満身創痍だった。 

 巨泉さんにスカウトされて約40年前にフリーに転身した愛弟子のキャスター・小倉智昭(69)が述懐する。

「18日に営まれたお通夜で最後のお別れをしてきたのですが、巨泉さんの体は細くなり、昔の面影はなくなっていました。いろいろ口うるさい巨泉さんが、死が近づくにつれ、最後のほうはありがとう、ありがとうとしか、言わなくなっていました。奥さまの寿々子さんによると、亡くなる直前、巨泉さんは言葉が出なくなり、指を折り曲げ、3と9でサンキューって感謝を表したといいます」

 90年に55歳で「セミリタイア」した際には、今後の生き方について、

「まず第1には健康ですね。第2はパートナー、つまりカミさん」

 こう語って第一線を退いた巨泉さん。テレビ界に残した功績はあまりに大きい。真っ先に浮かぶのは、65年にスタートした「11PM」(日本テレビ系)だろう。

「ボイン」の流行語を生んだ伝説の深夜番組で、アシスタントを務めた松岡きっこ(69)が収録の舞台裏を明かす。

「現場では完璧主義者でゲストの事前調査も入念に行っていました。しかも努力家。でも、そんなそぶりは見せずに、『俺、本なんて読んでない』なんて言う。しっかり勉強しているんですけどね。そうそう、いつも本番ギリギリにスタジオ入りしていましたが、台本はきちんと覚えて収録に臨んでいましたよ」

 競馬、マージャンなどのギャンブル、そして裸をテレビで取り上げるのは当時タブーとされていた。

「どんなにアブないネタを扱う際にも、巨泉さんは『俺が責任を取る』とおっしゃっていました。だからこそ、スタッフ一丸となっていろんな企画に挑戦できたのだと思います」(松岡)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”