女子アナ

日テレ笹崎里菜がつい見せた艶しぐさは「元ホステス」臨場感タップリ!

 学生時代に一時、銀座でホステスをしていたことを理由に内定を取り消され、裁判沙汰を経て日テレに入社した笹崎里菜アナ。彼女が何とも臨場感たっぷりに、自身のホステス時代を思わせる行為をオンエア中に見せたことでファンが騒然としている。

 問題のシーンは7月20日放送の「シューイチ」で起きた。この日の放送はメインMC・中山秀征が50歳の誕生日を迎えることを記念して、彼の出身地である群馬県を訪れるという内容。91年から00年まで放送された同局の人気深夜番組「DAISUKI!」のレギュラーだった飯島直子と松本明子が出演し、番組を盛り上げた。

「DAISUKI!」の秘蔵映像が公開され、3人の口からは当時の秘話も飛び出した。

「そこで『DAISUKI!』でCM入りする時の映像の話になりました。女の子がポーズを決めて『大好き!』と叫ぶアレです。突然話を振られた笹崎アナはどう反応していいのか戸惑った後、小首をかしげて両手でグラスを持ち客に差し出すようなポーズをしたんです。まるでホステスが客と乾杯する時のようでした。なぜ『大好き!』で、そんなポーズを取ったのか、まったくわかりません。自虐ネタかと思ったんですが、そうではないようでした」(女子アナ評論家)

 予想外の反応に共演者たちも騒然。「何それ?」「水割り? 今水割り出したよね?」と困惑しきり。

「6月4日の放送で、笹崎アナだけ紹介のテロップで名前に添えて『今日がラスト』と付け加えられていた事件がありました。翌週にアクシデントだと説明がありましたが、彼女に辞めてほしいと思っている何者かが意図的に挿入したのではという疑惑が浮上しています。彼女にとって、今の現場はかなりの緊張感をはらんだものでしょう。そんな空気が謎の行動を取らせたのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 とはいえ、艶っぽいしぐさであったことは間違いない。共演者からのイジリなど気にせず、「黒革の手帖」ではないが、ますますたくましく頑張っていただきたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」
2
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
4
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”
5
有賀さつき「52歳ガン死」までの過酷闘病(1)病名が伏せられていた理由は?