芸能

ビートたけしの金言集「映画祭も呼ばれるうちが花だからな」

「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」

 8月末、「第74回ベネチア映画祭」にて、映画祭の最後を飾る、クロージング作品に、日本では10月7日から公開される「アウトレイジ・最終章」が選ばれたニュースを聴いた翌日。先の言葉を殿にあてると、

「なんか、また選ばれたみてーだな‥‥」

 と、まずは軽く、“いつものことだから”といった反応を示すと、続けて、

「映画祭も呼ばれるうちが花だからな。まーありがたいこった」

 と、実に殿らしい感想を漏らしたのです。

 思えばわたくし、殿の弟子になってからこの20年あまりで、「殿、ベネチア映画祭、おめでとうございます!」といったセリフを、間違いなく3回は言っています。さらに、ベネチア映画祭と何かと比較される、「カンヌ映画祭、おめでとうございます」といったセリフも、2回は言っています。

 改めて、いかに北野映画が歴史あるヨーロッパ三大映画祭(もう一つは「ベルリン映画祭」)の常連であるかがよくわかります。

 ちなみに、映画祭ではありませんが、「殿、このたびの勲章、おめでとうございます!」そんなセリフも、3回は言っています。

 “殿のヨーロッパからの勲章もらいまくりっぷり”はさておき、映画祭と殿です。

 5年程前、「アウトレイジ・ビヨンド」が、ベネチア映画祭の正式コンペに出品された際も、やはり賛辞を述べたのですが、この時も殿は、

「なんか、また呼ばれたみてーだな。ただちょっと、スケジュールが詰まってるから、(現地へ)行けるかわかんねーんだよ」

 と、例によって冷静な感想を漏らすと、続けて、

「もし行くことになったら、お前も来るか?」

 と、さらりと夢のような提案をこちらに放り込んできたのです。もちろん、二つ返事で快諾したわたくしは、その年の夏、「アウトレイジ ビヨンド」に、何一つ関わっていないにもかかわらず、殿とベネチアに同行し、気がつけばドサクサに紛れ、レッドカーペットを歩いたのでした(その話はまた別の機会に)。

 で、今から遡ること9年前の08年。北野映画14作目にあたる、「アキレスと亀」がベネチアに選ばれた際も、いつもどおり殿に賛辞を述べると、殿は、

「お前、映画に出てるんだから、ベネチア来ちゃえよ」

 と。そんな言葉にやはり浮かれたわたくしは、殿とは別行動で、一観光客としてベネチアへ入り、殿がレッドカーペットを歩く日、各国から来ている映画ファンやパパラッチに混じって、柵の外側で殿を待っていると、現れた殿はこちらを認めるなり、

「なんだお前、そんなとこにいたのか? バカ野郎!そんなとこいねーで、こっち入ってこい!!」

 と、ハッパをかけられ、舞い上がったわたくしは柵を飛び越え、レッドカーペットを歩いたのでした。もちろん、後日、諸々と叱られましたが‥‥。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
2
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情
3
戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!