社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「話題となっているO-157やアニサキス。食中毒と寄生虫ではどっちが危険?」

 8月上旬、埼玉県のスーパーで販売されたポテトサラダから病原性大腸菌O-157が検出され、5歳の女児が溶血性尿毒症症候群を発症しました。現在は意識を回復されたそうです。

 梅雨から初秋にかけて、怖いのが食中毒です。一方、近年は夏になるとイカなどに寄生するアニサキスによる腹痛も増えているようです。では、食中毒と寄生虫はどちらが危険でしょうか。

 代表的な食中毒の原因菌であるO-157は家畜の糞便で汚染された水や食物を介して人に入り感染症を起こします。主に、大腸菌の増殖を招き激しい腹痛とともに下痢や血便の症状が出ます。加えて、乳幼児や高齢者は重症になりやすく、劇症型の場合は嘔吐・下痢から腎不全になり、死に至るケースもあります。

 同じく死亡例もあるノロウイルスは、汚染された井戸水や、牡蠣などの二枚貝を加熱せずに食べることにより感染します。O-157と同じく嘔吐や下痢の症状が出て、脱水症状を起こします。

 コレラや赤痢は、一般的には伝染病とされていますが、O-157やノロウイルスと同じく食中毒であることに変わりはありません。他にも、サルモネラ菌やブドウ球菌、腸炎ビブリオなども怖い細菌性食中毒として知られています。

 対して、寄生虫は死亡率が低く、症状の経過も長くて数カ月という単位です。アニサキス以外の寄生虫にはサナダムシやギョウチュウがいます。

 人間の口から入るのは成虫ではなく卵であり、人間の体内で成虫となります。寄生虫は、人間に寄生するだけで、死亡するケースはきわめてマレです。なぜなら寄生虫は、人間との「共生」を前提としているからです。

 現代では寄生虫と「共生」することでダイエット効果につながる「究極のダイエット」方法もセレブの間で広がっているようです。ソプラノ歌手のマリア・カラスは、年を取ってから太ってしまったため、痩せるためにサナダムシの卵を飲んだと言われています。

 また、寄生虫にはアレルギー反応を抑制する効能もあると言われています。清潔社会の日本では、人間の体から寄生虫がいなくなった結果、花粉症やアレルギー反応が起こっている、という説もあるほどです。

 アニサキスは本来、サバやアジ、イカ、クジラなどの海の生物に寄生しています。アニサキスが寄生しているサバやクジラには当然ながら害はなく、人間が口にした場合には胃の壁で防御反応が起こります。

 つまり胃の中でアレルギー反応が起きたために猛烈な腹痛が生じるのです。アニサキスによる腹痛はしばらくすると治まりますが、再び繰り返し腹痛が襲います。この繰り返しの間隔が長くなると、やがてアニサキスは死滅します。

 実は、寿司屋の板前さんの仕事ぶりを見ていると、生の魚の体内からアニサキスを取り除く作業を見かけることがあります。これはアニサキスによる食中毒を予防するためには必要不可欠と言っていいでしょう。つまりアニサキスは「いて当然」の寄生虫であり、仕事が丁寧な高級寿司店ならば、安心して寿司を楽しむことができるでしょう。

 もちろん寄生虫の症例はさまざまであり、人間の脳内や内臓に寄生する例も報告されています。しかし、人体に重篤な症状や死亡率を比べた場合、食中毒のほうがはるかに危険と言えます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「地方なめんな!」の声まで…浜崎あゆみ、ライブ短縮・中止続発でファン困惑
2
森且行との“合体”で元SMAP勢が五輪ビジネスで「古巣」を打ち負かす!?
3
乃木坂46白石麻衣がアンダーウエアを見せない「秘密」に男たちが悶々!
4
西内まりや“ビンタで芸能界追放”危機で「元SMAPとタッグ」計画が急浮上
5
本田翼、イケメンデザイナーとの「密着写真」公開にファンが大ダメージ!