政治

“幹事長落ちた!”山尾志桜里、「W不貞報道」前に語っていた「意味シンな抱負」!

「保育園落ちた日本死ね!!!」という、民進党の山尾志桜里衆院議員が、国会で取り上げ、一躍彼女を有名にした「有権者の声」を皮肉って、他党の議員にはツイッターでこう皮肉られた。

「次は期待しています!『幹事長落ちた、民進党死ね。』」

 9月7日発売の週刊文春に、幹事長に内定した9月2日夜に9歳下のイケメン弁護士・倉持麟太郎氏と「W不貞」に及んでいたことなど2人の不適切な関係が詳細に報じられ、急きょ人事が差し替えられてしまった山尾氏。昨今、続出する類似の国会議員の不貞騒動のケースと同様、離党もしくは議員辞職は避けられないとの見方が広がった。

 が、それにしても、クリーンさを売りに頭角を現してきたはずなのに、不貞で議員辞職した宮崎謙介元衆院議員ではないが、ここまで周囲の期待を裏切らなければならないほど「人間としての欲が勝ってしまった」背景には何があるのか。かつて、民進党政調会長就任直後の雑誌のインタビューに「民進党の躍進にかける意気込み」をこう話していた。

「私はいい社会をつくるためには、政治家自身がいい人生を送らないといけないという考え方です。だから短い時間でも家族との時間は大切にしたい。昔は政治家は滅私奉公で、国のために自分の人生を投げ出すのが当たり前、そうでないと生きて行けないという世界だったと思いますが、時代は変わっています。自分がいい人生を送らないと国民の本当の望みを聞くという重要な役割が果たせませんから」(「週刊現代」16年4月16日号)

 政界ジャーナリストが言う。

「今になってみると、彼女のホンネがにじみ出ている発言のように深読みできますね。自分自身が『いい人生』を送らないといけない、と繰り返し強調していますが、あくまで『自分1人にとっての充実した人生』という意味に聞こえますし、家族との時間についても『大切にしたい』と言いながら『短い時間でも』と前置きしているのは、一見、多忙な仕事ゆえの自然な言葉に思えます。でも、結局、家族を欺き、家族との生活を切り詰め、議員活動も含めて“自分の没頭できること”に時間を使うための方便だったのか──そんなふうにさえ感じてしまいますよ」

 ちなみに、週刊文春によれば、山尾氏と弁護士の関係が始まったのは「昨年頃」とのこと。いずれにせよ、このインタビュー時も、山尾氏の頭の中が「リア充」だったことは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年“メタボ”おやじからカッコイイ上司へ変わる食習慣とは?「酵素」の消化活性力に注目!

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ
2
「先輩」田中みな実も仰天!?青学準ミスに“自作自演”疑惑浮上で非難の嵐
3
藤原紀香、ミス・インターナショナル大会で各国代表を総「公開処刑」した!
4
やっぱりすごい!藤原紀香、胸がパンパンすぎてドレスの柄が目に入らない!?
5
松坂大輔とイチロー「二大戦力外」のストーブ戦線(1)「じゃあ勝手に出ていけよ」