芸能

“異常言動”が急加速!警視庁組対5課が追い込む「次の薬漬け有名人」とは?

 令和初の芸能人による法律違反の薬物逮捕者となった、元KAT-TUNの田口淳之介容疑者。同時に逮捕された小嶺麗奈容疑者とともに、田口容疑者がKAT-TUN時代から10年以上も薬物を常用していたことが取り調べの中でわかってきたことで、ファンを大いに失望させている。

 芸能界に薬物が根深く広がっていることを改めて示したかっこうだが、当然、世間の興味は“次の逮捕者”が誰になるのか、である。裏社会に通じるフリーライターはこう話す。

「数年前から内偵が入っているだろうと言われているのが、大物音楽プロデューサーのX。その言動の異常さは、昨今ますますエスカレートするばかりで、まともな理由もなく怒りだして事務所スタッフにクビを宣告したかと思えば、一転してそんな行動を土下座して謝ったりと、周囲を振り回しています。その原因が各種の薬物にあるという噂が、ずっと囁かれ続けている。当然、本人にもそうした評判は耳に入っており、周囲にはみずから笑い飛ばしつつネタにしているようですが…」

 これまでの離婚や、その後の熱愛が報じられていた女性との唐突な別れ、さらに、長年サポートを続ける大物アーティストとの関係の変化も、「その背景には薬物の影響があるのではとも言われている」(前出・フリーライター)という。

「Xは最近になってアシスタントの募集をかけており、“またご乱心とならなければいいが”と関係者の間で懸念する声が広がっています。一方、薬物の捜査は3月のピエール瀧被告、今回の田口容疑者と、厚労省の取締部のお手柄が続いていることから、警視庁組対5課が、次こそはと血眼になっているといいます」(夕刊紙記者)

 令和元年は、有名人の薬物逮捕ラッシュの年として、芸能史に刻まれることになるかもしれない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」