芸能

野村克也「6億円BIGマン」CM打ち切り事件(1)「体罰大賛成」の持論を展開

 機知に富んだキレ味抜群の物言いでファンをうならせている球界随一の論客が、みずからの言動に足をすくわれた。テレビ番組でうっかり「本音」を漏らしたがために、出演する大人気CMが打ち切られるという「ペナルティ」を科されてしまったのだ。コトの顛末を全て明かす。

「最高6億円くじ、当たりませんよ、そんなもん。夢も希望もないでしょ」

 おなじみのボヤキ節で登場し、高田純次扮する「6億円BIGマン」と対峙。結局、BIGマンから6億ビームを浴びて風船のように体が膨らみ、「ホームラーン!」と叫びながら空へと飛んでいく──。

 ちまたで話題のCM「6億円BIG」で「ボヤいてばっかりマン」を演じた野村克也氏(77)。あのボヤキキャラをそのまま利用した出色の作品だった。

「だった」というのは、2月21日から放送されたばかりのこのCMが3月6日を最後に突然、打ち切られたからだ。スポーツ紙デスクが、野村氏に代わってこうボヤく。

「3月7日発売の紙面には、ノムさんとBIGマンのCMが絶賛放送中という趣旨の原稿、つまり記事広告が入るはずでした。ところが6日夜になって広告代理店が慌てて『差し替えてほしい』と要請してきたのです。いくら広告といっても、すでに出稿は終わっていて受けられないと言うと、それでも差し替えろと強く要求してくる。そこまでする理由は何なのかと聞いてみると、代理店は『野村さんが暴力を容認する発言をした。東京五輪招致を目指している時にこれはまずい』と説明しました」

 野村氏の「発言」とは、レギュラー出演している3月3日のスポーツ情報番組「S☆1」(TBS系)でのものだった。折しもこの日、高校野球の名門・PL学園が、硬式野球部内の暴力を理由に春季大阪大会を辞退したことが明らかになったばかり。少し前には女子柔道日本代表の体罰騒動が監督解任に発展するなど大きな社会問題となったこともあり、MCの爆笑問題・田中裕二が体罰についてどう思うかと水を向けた。すると野村氏は、

「賛成どころか大賛成」

 驚いた田中が「桑田(真澄)さんは反対ですけど‥‥」と切り返すも、

「体罰があってこそ強くなる。アマチュアの試合は特に必要だ。口で言ってわからなければしょうがないでしょう」

 と持論を述べたのだ。

 BIGは独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が発売するサッカーくじであり、同振興センターは地方公共団体のスポーツ活動やスポーツ施設整備、あるいは五輪などの国際競技大会開催を助成している。そんな機関のCMに出演する野村氏が、体罰を容認どころか推進する発言をしたのはいかにも問題があったということなのである。

「スポーツを振興する立場として、五輪誘致にも影響を与えるから、と焦ったんですよ。IOCの評価委員が来日しているというタイミングも悪かったんでしょう」(テレビ局スタッフ)

 結局、「ボヤいてばっかりマン」と差し替わった広告は、具志堅用高がボクシンググローブをはめて登場する「よけるマン」編が3月7日から放送される、との内容だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴