芸能

女優・大原麗子の情念、救いを差し伸べた最愛の男

 麗子の映画での代表作である「セカンド・ラブ」(83年、東映)を筆頭に、激しい濡れ場は決して少なくない。ただし、生涯にわたって「全裸」になったことは1度もなかった。

 麗子の弟である大原政光は、その理由を姉に問うたことがある。

「私が恥ずかしくない胸だったら出すわよ。でも‥‥見せられるものではないから」

 おどけたように言ったが、やはりコンプレックスは感じていたようだ。

 さらに、女優生命を窮地に追いやったのが、99 年に起きた「整形事件」だったと政光は言う。

「もともと姉は片二重であることを気にしていましたが、突発的に左のまぶたを手術したんですよ」

 麗子ほどの女優が高名な美容整形ではなく「安上がりの整形外科」で切った。運悪く雑菌が入ってしまい、別人のようにまぶたが腫れてしまった‥‥。

 このため、決まっていた映画の撮影に入ることができず、女優としてのブランクを作ってしまう。

 また前年には原田美枝子主演の「愛を乞うひと」が公開され、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得する高い評価を受けた。母親から折檻を受け続けたヒロインが「家族の絆」を訴える作品だが、もともとは麗子が原作に感銘を受け、映画化に奔走していたのである。

 麗子自身も幼い頃から父親に暴力をふるわれ、絶縁の形をとった。こうした思いから熱望した映画化であったが、すでに“時代”は麗子を必要としなくなっていたのである。

 女優・大原麗子の年譜の最後に置かれたのは、元夫であり、生涯を通じて最愛の男であった渡瀬恒彦の「十津川警部シリーズ」だった。

 政光は、渡瀬からのオファーで実現したと明かす。

「仕事も減っていた姉を気遣ってくれたんだと思います。姉は常々、渡瀬さんとは『嫌いで別れたわけじゃない』と言っていましたから、喜んでいました」

 撮影も順調に終わったが、オンエアを見て麗子の表情が変わった。実際の年齢は渡瀬が2つ上だが、役者として絶頂期にある渡瀬と、過去の人になっていた麗子では残酷なまでに輝きが違った。

「私のほうが老けて見える。悔しい!」

 以来、2度と麗子が映像に戻ることはなかった。

 やがて浅丘ルリ子だけでなく、プロデューサー・石井ふく子や、芸能レポーター・前田忠明らが「一方的な長電話」の標的となり、さらに孤立を深めてゆく。

 政光が最後に姉と会ったのは、亡くなる1カ月ほど前のこと。政光の自宅を訪れ、近く海外に行きたいと口にしたが、実現しないままに世を去っている。それでも──、

「姉はいつの日か自分の生涯を自分で演じる夢を持っていた。残念ながら『主演』はかなわなかったが、こうしてドラマ化されたことは喜んでいるでしょう」

 これから1年、2年と時を重ねるたび、俺たちは「大原麗子の不在」を感じるのであろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由