芸能

女優・大原麗子の情念、救いを差し伸べた最愛の男

 麗子の映画での代表作である「セカンド・ラブ」(83年、東映)を筆頭に、激しい濡れ場は決して少なくない。ただし、生涯にわたって「全裸」になったことは1度もなかった。

 麗子の弟である大原政光は、その理由を姉に問うたことがある。

「私が恥ずかしくない胸だったら出すわよ。でも‥‥見せられるものではないから」

 おどけたように言ったが、やはりコンプレックスは感じていたようだ。

 さらに、女優生命を窮地に追いやったのが、99 年に起きた「整形事件」だったと政光は言う。

「もともと姉は片二重であることを気にしていましたが、突発的に左のまぶたを手術したんですよ」

 麗子ほどの女優が高名な美容整形ではなく「安上がりの整形外科」で切った。運悪く雑菌が入ってしまい、別人のようにまぶたが腫れてしまった‥‥。

 このため、決まっていた映画の撮影に入ることができず、女優としてのブランクを作ってしまう。

 また前年には原田美枝子主演の「愛を乞うひと」が公開され、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得する高い評価を受けた。母親から折檻を受け続けたヒロインが「家族の絆」を訴える作品だが、もともとは麗子が原作に感銘を受け、映画化に奔走していたのである。

 麗子自身も幼い頃から父親に暴力をふるわれ、絶縁の形をとった。こうした思いから熱望した映画化であったが、すでに“時代”は麗子を必要としなくなっていたのである。

 女優・大原麗子の年譜の最後に置かれたのは、元夫であり、生涯を通じて最愛の男であった渡瀬恒彦の「十津川警部シリーズ」だった。

 政光は、渡瀬からのオファーで実現したと明かす。

「仕事も減っていた姉を気遣ってくれたんだと思います。姉は常々、渡瀬さんとは『嫌いで別れたわけじゃない』と言っていましたから、喜んでいました」

 撮影も順調に終わったが、オンエアを見て麗子の表情が変わった。実際の年齢は渡瀬が2つ上だが、役者として絶頂期にある渡瀬と、過去の人になっていた麗子では残酷なまでに輝きが違った。

「私のほうが老けて見える。悔しい!」

 以来、2度と麗子が映像に戻ることはなかった。

 やがて浅丘ルリ子だけでなく、プロデューサー・石井ふく子や、芸能レポーター・前田忠明らが「一方的な長電話」の標的となり、さらに孤立を深めてゆく。

 政光が最後に姉と会ったのは、亡くなる1カ月ほど前のこと。政光の自宅を訪れ、近く海外に行きたいと口にしたが、実現しないままに世を去っている。それでも──、

「姉はいつの日か自分の生涯を自分で演じる夢を持っていた。残念ながら『主演』はかなわなかったが、こうしてドラマ化されたことは喜んでいるでしょう」

 これから1年、2年と時を重ねるたび、俺たちは「大原麗子の不在」を感じるのであろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
3
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!