芸能

宮迫博之、「FRIDAYを訴えない」のは「まだウソをついてるから」!?

 7月20日の宮迫博之、田村亮による「号泣会見」、同22日の吉本興業・岡本昭彦社長による「グダグダ会見」を経た現在も、吉本興業を巡る騒動が収束の兆しを見せていない。

 26日に発売された写真誌「FRIDAY」は「半グレ金塊強奪犯 野口和樹被告 獄中直撃インタビュー」と題した記事を掲載。宮迫が会見で語った「トイレから出たところを知らない男性に囲まれて記念撮影に応じただけ」との主張に対し、野口被告は「写真だけでなく、一緒に乾杯してシャンパンを飲んだ記憶がありますよ」と「FRIDAY」記者に証言したのだ。

 宮迫の証言と食い違う報道を受け、吉本興業は〈会見の場で発表させて頂いたマネジメント契約解消の撤回についても、再度検討せざるを得ない状況です〉と「契約解除の撤回」の“再撤回”の可能性を示唆したのだ。

 こうした現状について「涙の会見で一度は形勢逆転したものの、ふたたび宮迫が追い詰められているとの見方が強まっています」と語るのは女性誌記者。続けてこう話す。

「この問題については、ビートたけしが27日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)で『宮迫と会社が訴えて写真誌が本当かどうか争った方がいい』と指摘したことに尽きます。宮迫が裁判に乗り気でない現状を見るに『なにかやましい点があるのでは』と思わざるを得ないんですよ」

 さらに「28日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では『ひろゆき』こと西村博之氏も『真実が知りたい時に、“オレ、真実知りたくない”と言ってる人はだいたいウソつき』と宮迫をバッサリ切り捨てている。今後、宮迫の態度を疑問視する見方は世間でも拡大していくのではないでしょうか」と同記者は語るのだ。

 その後、7月29日付けの日刊スポーツの直撃取材に宮迫は法的措置の“検討”を始めたことを明かしたものの、その一問一答を読む限り、“FRIDAYに対して検討する”とは明言していない。いまだ訴訟を決断していない宮迫。真相解明が待たれている。

(牧マコト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白