芸能

衝撃の艶ビデオ女優を演じた美女たち(3)あの宮沢りえが「ワケあり嬢」役に!

 21世紀のテレビドラマは、脱ぎの描写が完全に封印されている。ただし、作中に艶ビデオ女優が登場することは少なくないのだ。

 さだまさしのテーマ曲とともに、国民的な人気を誇ったのが「北の国から」(81~02年、フジテレビ系)である。黒板五郎(田中邦衛)を中心に、幼い兄妹(吉岡秀隆、中嶋朋子)の成長を約20年かけて描いた。

 後期は年1本の単発ドラマとして制作されたが「’95秘密」から最終作の「2002遺言」まで重要な役で出演したのが宮沢りえ(46)。初登場回のサブタイトルに「秘密」とあるのは、宮沢が「艶ビデオ女優の過去」を持つ女だったため。ドラマの性質上、ビデオの再現シーンはないが、出演作のタイトルはしっかりと明記されている。

〈あかね悶える〉として新進艶ビデオ女優であることも明記され、〈森田あかねが悶える、そして吸い取る〉といったタイトルだ。実際にありそうなこだわりのネーミングだろう。また宮沢と田中邦衛の混浴野天風呂のシーンは、せめてものサービス精神を感じさせる。

 朝ドラヒロインだった宮地真緒(35)は、その名も「モザイクジャパン」(14年、WOWOW)という業界内幕ドラマで、人気艶ビデオ女優という役どころにチャレンジ。抜群のプロポーションを武器に、No.1女優に恥じない艶技を披露している。

 AKB48を卒業してグラビアで人気の永尾まりや(25)が、元艶ビデオ女優を演じたのが「不能犯」(17年、dTVドラマ)だ。人生初の過激なベッドシーンに、永尾は素直な心境を明かしている。

「初めてのことで『どこまでやるの?』『私、どうなっちゃうの?』と恐怖もありました。それでも、どこかで『殻を破りたい』という気持ちでオファーを受けました」

 耳を舐められ、たわわな胸を揉まれ、十分に「殻」は破ったようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白