芸能

衝撃の艶ビデオ女優を演じた美女たち(1)夏帆が「性的暴行」場面を熱演!

 昭和の銀幕には存在しなかった「劇中の艶ビデオ女優」という存在。今や、ストーリーの展開に欠かせぬほどの価値を持つ。

 映画評論家の秋本鉄次氏は、昨年公開された「友罪」(ギャガ)でヒロインを演じた夏帆(28)に衝撃を受けたという。夏帆が演じたのは、かつて男にだまされて艶ビデオ出演を強要された藤沢美代子の役だが、秋本氏によると、「その過去から逃れるため、人目のつかないところでひっそりと暮らしているという設定」で、その過去として、艶ビデオの撮影シーンが「何度も出てきます」という。

 ビデオもソフト型ではなく、集団で性的暴行をされるというハードなものだ。セーラー服を着た夏帆が、何人もの男たちにかわるがわる性的暴行をされるという映像でした。全脱ぎこそないものの、巨胸が揉まれ、挿入されている動きがわかる場面があるという。

「夏帆自身が『正直、即決で決められたわけではなかった』とオファーに対しての苦悩を明かしたほど、女優としての分岐点になった役だと思います」(秋本氏)

 映画では「艶ビデオの回想シーン」だけでなく、実際にも性的暴行をされるという酷な展開を見せた。夏帆は来年2月公開の「Red」(日活)で、初の本格的なベッドシーンが予定されている。三十路を前に、熟した艶技を楽しみに待ちたい。

 Iカップの美しい爆裂バストがまぶしい神楽坂恵(38)が脱いだ作品は多いが、最も扇情的だったのが「恋の罪」(11年、日活)だ。かつて起きた「東電OL殺人事件」をモチーフに、日常とかけ離れていく女たちを描いた。ごく普通の主婦だった神楽坂が、スカウトマンにだまされて艶ビデオを撮影。さらには夜のサービス嬢になっていくところまでを演じた。秋本氏によれば、いずれのシーンでも彼女のバストがド迫力で、そうした胸が好きな人には、「たまらない作品」だという。

 神楽坂は本作の公開前日、監督を務めた園子温氏と入籍する。妻の肢体を夫が舐め回すように映像に収めたかと思うと、また違う興奮にそそられるが。

 闇金融の世界を描いてコミック、ドラマ、映画と展開した「闇金ウシジマくん」(12年、S・D・P)の劇場版第1作では、主演の山田孝之と同じ「カウカウファイナンス」の元社員として、片瀬那奈(38)が出演。実は彼女、元艶ビデオ女優だった過去を持っている。残念ながら艶っぽい場面はないが、役柄としては妄想させられてしまう。

 続く「闇金ウシジマくん Part2」(14年、S・D・P)では、門脇麦(27)が運命に翻弄される役を好演。本作の直前に公開された「愛の渦」(クロックワークス)では、不特定な男女が性的行為をしまくるパーティーに出入りする欲望が強すぎる女子大生を全脱ぎで演じて絶賛された、という秋本氏によれば、そこまでの肌見せではなかったが、好きになったホストに貢ぐため、艶ビデオ出演や夜のサービス業勤めを繰り返す17歳のフリーターを熱演。「最近の女優としては珍しく、激しいベッドシーンもいとわない姿勢は評価が高い」(秋本氏)という。

 元AKB48の平嶋夏海(27)は、艶ビデオ制作の現場の舞台裏を描いた「メイクルーム2」(16年、キャンター)に出演。その役柄設定はこうだ。

〈人気アイドルグループから恋愛発覚で卒業させられ、事務所も変わり、舞台などに出ていたが、ついに艶ビデオデビューする大型新人〉

 平嶋の経歴と少し重なるところもあり、アイドル風の衣装を着せられて「2度とこんなの着させないで!」とブチ切れるシーンにはドキリとさせられる。

 残念ながら濃厚なシーンはないものの、試みとしては上出来であろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道