女子アナ

枡田絵理奈“モーレツ売り込み開始”もダンナの広島・堂林は絶好調の皮肉

“マスパン”の愛称でTBSのエース女子アナとして活躍しながらも、人気絶頂期にプロ野球・広島カープの堂林翔太内野手との結婚を発表、15年の退社後はフリーアナとして活動していた枡田絵理奈。育児もあって以降は単発の特番への出演などにとどまっていたが、ここへ来て、本格復帰の兆しが見えるのだという。関西のテレビ局社員が言う。

「7月5日に放送された関西テレビ系列のバラエティ『マルコポロリ!』にゲスト出演し、『広島から新幹線で1時間半の大阪でレギュラー番組を狙ってる』とブチあげたんです。実際に各局の関係者に、所属事務所からの売り込みがあったという話も聞きますね」

女の子3人のママさんアナである枡田。中でも3女は昨年9月に生まれたばかりで、まだ1歳にも満たない。我が子が一番手のかかる時期にもかかわらず仕事への意欲を燃やす理由には、年下の夫の存在があった。

「今年、堂林は開幕前の段階でかなり首元が涼しかった。昨季はケガの影響もあってプロ入り後最低の出場試合数。今季結果を出せなければさすがにリストラ候補です」(スポーツ紙記者)

夫が稼げなくなるなら‥‥と一念発起したというわけか。しかし、なんとも皮肉なことにコロナの影響で延期され6月19日にようやく開幕したペナントレースで、堂林は絶好調をキープしている。

「7月9日時点では、なんと打率4割越えの首位打者の位置にいます。カープファンは『ようやく“プリンス”が復活した! これが見たかったんだ!!』と大騒ぎです」(前出・スポーツ紙記者)

 マスパンが「ダンナが調子いいから、やっぱり無理して働かなくても…」なんて思っても、売り込みたい事務所や起用を検討していた局側にすればそうもいかない。夫婦同時に忙しくなって、すれ違いにならなければいいが…。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
森七菜の背後に黒幕?「ボイコット計画」報道でジャニーズファン激怒のワケ