芸能

石田純一、近況報道で“ノーマスク”より注目された“変貌”とは?

 7月5日配信の「NEWSポストセブン」が、俳優の石田純一のプライベートでの近況を伝えた。

 記事によれば石田は6月末の日曜日、7歳の長男を連れバッティングセンターを訪れたといい、自身が野球経験者であるものの、長男がバッティングの最中は指導することなく、店内のテレビで流れていた野球中継に見入っていたという。

 4月の緊急事態宣言中に沖縄県でゴルフをしたあげく、体調を崩し、新型コロナに感染していたことが発覚して猛烈なバッシングを受けた石田。無事退院したものの、6月9日発売の「FLASH」などでイタリアンレストランでの快気祝いとその後のノーマスク状態での酩酊が報じられ、またもや批判を浴びていた。

「6月18日に配信された『NEWSポストセブン』では、イタリアンレストランで飲んでいた相手について直撃取材を受けた際、『あなたたちマスコミのせいでCMが飛んで、もう何千万円もいかれてますから。勘弁してください!』とブチ切れした様子を伝えており、石田がMCを務めるテレビ東京のゴルフ番組は6月いっぱいで終了。7月2日に開かれた同局の定例社長会見ではその理由について『協議の結果』と説明されましたが、ゴルフによるコロナ感染がマズすぎたことは間違いありません」(テレビ誌ライター)

 そんな石田が今回の長男とのバッティングセンターに出向いた記事は、「石田純一マスクなしでバッティングセンター、打席立たず」とした見出しで、確かに掲載された10枚の写真は全て“マスクなし”だったことから、ネット上では〈相変わらず懲りないな!〉と呆れた声が拡がっていたのだが、こんな指摘も多く見られた。

「ポロシャツにハーフパンツとラフな格好で、変わらずのお洒落さんなのですが、《ずいぶん老けたな》《もうお爺ちゃんじゃん》《66歳にしては若かったけど、急に見た目が年齢相応になってきた》などの声が多く上がっていました。プライベートで気を抜いていた面はあるにしても、確かに一段と老けたようにも見え、コロナ太りなのか顔や全身の肉のたるみがいっそう老いを際立たせていました」(ネットウオッチャー)

 ここへ来ての絶えない苦労が一気に出ているのか。かつてのダンディさからかけ離れていく石田が少々心配になってくる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから