女子アナ

不振はサポート不足? 枡田絵理奈、「夫への愛爆発」も野球ファンが抱く不満!

 好きな気持ちは十分伝わったが、野球ファンとしてはそれだけではどうも納得できないようだ。

 元TBSの局アナで現在はフリーアナの枡田絵理奈がバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演したのは3月6日放送回。夫でプロ野球・広島カープの堂林翔太選手をどれだけ愛しているかについて説明している。“鯉のプリンス”と呼ばれるほどのイケメンプレイヤーで知られる堂林選手だが、番組序盤で堂林選手の話題になると、枡田は若干涙目になりながら「好きすぎてつらい」と、堂林選手への気持ちを語っている。

 また、この日共演した枡田のTBS時代の後輩でフリーアナの吉田明世は、枡田がいかに堂林選手のことが好きかわかるエピソードとして「(枡田は)旦那さんが同じ空間にいる時に」トイレの大きいほうに「行ったことがない」と暴露。何でも、旦那が自宅にいる時は、わざわざ外に行ってコンビニのトイレを使っているというのだ。結婚5年目を迎えてもなお、そこまで気を遣っているのはしんどいことのようにも思えるが、夫のことが好きすぎるというのは素晴らしいことだろう。また、局アナ時代に抜群の人気を誇った枡田がこれだけベタ惚れということもあって、枡田アナのファンにとってはただただ堂林選手がうらやましいはずだ。

 しかし、今回の放送を見た野球ファンからは枡田に対して「そんなノロけてないでもっと堂林を支えてあげて」「このままじゃ戦力外通告待ったなしだよ」「戦力外をくらった瞬間に離婚とかはなしだよ」「頑張ってアゲマンになって」など、なぜか厳しめな声が浴びせられている。

「高校3年の夏はエース兼4番として投打で活躍し、中京大中京高校を甲子園優勝に導き、一躍脚光を浴びた堂林選手ですが、正直プロに入ってからの成績は期待外れ。10年にカープに入団し、12年には一軍公式戦全144試合出場を果たしたものの、両リーグワーストの29失策、150三振、得点圏打率.192を記録。枡田と15年に結婚して以降は1軍と2軍を行き来する生活が続いており、昨シーズンは3年ぶりに本塁打は0本、打率もプロ入り後最低の数字となっています。そのため、野球ファンとしては、そんな私生活のノロケよりももっとしっかり堂林選手をサポートしてほしいというのが本音でしょう」(スポーツライター)

 やはり徹底したサポートをするためには自分のいいところだけを見せるのではなく、ありのままをさらけ出して夫を支えていくことが必要なのでは?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」