芸能

「青のSP」視聴率苦戦も“真木よう子の暴れバスト”に視聴者クギ付け!

 1月26日に放送された藤原竜也主演ドラマ「青のSP─学校内警察・嶋田隆平─」(フジテレビ系)第3話の視聴率が、8.0%だったことがわかった。同ドラマは、初回から視聴率が苦戦しているという。

「フジの火曜ドラマ枠は昨今、19年の阿部寛主演『まだ結婚できない男』以外は、ほぼ1ケタ視聴率を記録するなど、大苦戦しています。そして今期の『青のSP』も、初回で8.9%を記録した後、2話が8.3%、3話が8%と右肩下がり状態なんです」(テレビ誌記者)

 そんな「青のSP」は、スクールポリスとして公立中学に配属された藤原演じる刑事が、様々な事件に立ち向かうという内容である。第3話では、生徒のドラッグ使用疑惑を追う展開が描かれたのだが、共演者の真木よう子の登場シーンに注目が集まったという。

「3話にて教師役の真木が、いなくなった生徒を街中で探すという場面がありました。その際、走りながらの捜索だったことで、彼女のバスト揺れが凄いと話題に。ドラマで女優の胸が揺れること自体は珍しくありませんが、真木の場合、膨らみが強調された衣装だったため、“バインバイン”とケタ違いに激しく揺れていたのです。するとネットでは、『走った時の揺れが凄すぎて、胸にしか目がいかない!』『このために毎週見るわ』『真木のバストが1番のドラッグだ!』と、バストの話題で埋め尽くされる事態となりました」(前出・テレビ誌記者)

 そんな真木といえば、1月6日放送のバラエティ番組「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演した際、バストが注目されることに関して「大きいとかそういうことで評価されたくない」「言われるほどイヤだった」と明かしている。しかし、真木のおかげで視聴を続けている男性も多そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは