スポーツ

清原和博「落合は変態どM」暴露発言で球界総スカンの全内幕!(2)

20131205b

 スポーツ紙デスクが苦笑しながら言う。

「落合氏がM体質だというのは球界では知られた噂だったので、『あぁ、アレね・・・』と妙に納得してしまいました」

 はたしてそれが真実なのかはそのデリヘル嬢に聞かなければわからないが、清原氏が落合氏を「変態ドM」であると、禁断の性癖までを白日の下にさらしたことで、

「公にコメントはしませんが、落合氏はメチャクチャ怒っています。『あの野郎、ブン殴ってやりたい!』と。清原氏は現役時代、『落合道場』に入門し、正座して落合氏の打撃理論を聞いていたほど。いわば師弟関係にありました。落合氏は『それなのにどういうことか』と大激怒しているのです。当然、落合氏周辺の人間も『これで清原氏との関係は断絶だ』と‥‥」(中日グループ関係者)

 落合氏は中日監督時代、堀内政権下の巨人でくすぶっていた清原氏をトレードで引き取ろうとしたことがあったという。中日球団関係者が言う。

「交換要員も決まり、『中日・清原』誕生で合意寸前までいきました。土壇場で不成立になった理由は、チームリーダーだった立浪氏が落合氏に『清原を獲っていいか』と聞かれて『勘弁してください』と言ったから。PLの大先輩だから、やりにくいと思ったようです。あるいは、清原氏の引退後、中日のコーチとして迎え入れようとしたこともありました。二軍監督などで若い選手と泥にまみれて苦労する気があったら使ってやろうか、という気持ちが落合氏の中にはあったんです」

 常に気にかける「親心」を持っていた落合氏にしてみれば、突然裏切られた気分になったことだろう。

 そもそも清原氏がここまで落合氏への猛口撃を極めるのはなぜなのか。その理由は先の暴露インタビューの中にある。中日の新体制が落合GM、谷繁元信選手兼任監督(42)になったことに触れ、

〈これ、ふざけてるわ。監督は立浪がならんとアカンでしょ。立浪の存在っていうのは巨人で言うたら原さんや。なのに落合さんがずっと邪魔し続けてるんや〉

〈そういえば終身GMなんて報道もあったらしいな。一生、立浪を監督にさせない気かよ!〉

 清原氏にとってPL学園の後輩である「ミスタードラゴンズ」立浪和義氏(44)は、09年の引退後、たびたび「次期中日監督候補」として名前があがってきた。高木体制終了が既定路線だった今回もまた、有力候補として浮上していたが、それをGMの落合氏が潰したと考えたようなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿