女子アナ

「報ステ」大越健介キャスター決定で噴出するあの2人への“不要論”

 7月9日、テレビ朝日が10月から「報道ステーション」の新メインキャスターに元NHKの大越健介氏を起用することを発表した。

 大越氏は2010年3月から15年3月まで「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務め、その後は「サンデースポーツ」、「NHKスぺシャル」のキャスターを担当。6月末でNHKを定年退職していた。

「大越氏は出身の東京大学で野球部に所属し投手として六大学野球で活躍したスポーツマン。政治記者としての経験と取材力も抜群で、実力を持ちながらも謙虚なキャラがお茶の間の好感を呼びました。そのため今回の『報ステ』就任発表には、多くの称賛の声が上がっていますね」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも《テレ朝やるなあ。10月からは「報ステ」観ようと思う》《「ニュース9」は大越さんのときが一番よかった。期待してます》《これで「報ステ」の視聴率は相当上向くんじゃないか?久米宏時代の勢いを取り戻して欲しい》といった意見が多く見られたのだが、一方で現在キャスターを務めるフリーアナの徳永有美(月~水曜日担当)とテレ朝の富川悠太アナ(木~金曜担当)には厳しい指摘が噴出している。

「テレ朝によれば大越氏は月~木曜日を務めるとのことで、“他の出演者については現在のメンバーが中心”という。しかし2人に対しては以前から“不要論”が飛び交っており、今回、改めて《これを機に2人は外してほしい》と声が上がっています。徳永のほうはいまだに内村光良との“不貞婚”の印象が拭えず、富川アナのほうは昨年4月にコロナに感染した際、症状が出ていたにもかかわらず番組に出演していた不手際が発覚し人気が暴落。双方、当たり障りのない進行ぶりにも、視聴者の間で“飽きた感”が広がっているようですからね」(前出・テレビ誌ライター)

 果たして、どのような担当振り分けとなるのか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故