スポーツ

“ルーキー松坂大輔に豪快三振”を片岡篤史が動画放談「我ながらよく振ったな」

 7月7日、平成の怪物・埼玉西武ライオンズの松坂大輔が、今シーズンでの現役引退を発表した。2019年12月3日、古巣の西武に14年ぶりに戻った松坂だったが、右手のしびれから1軍、2軍とも登板機会のないまま、惜しまれつつユニフォームを脱ぐこととなった。

 松坂は横浜高校のエースとして活躍、3年時には春夏の甲子園で連覇し、その年のドラフトで3球団が競合の末、西武が交渉権を獲得。1年目から16勝をあげて新人王と最多勝利のタイトルに輝くと、以後3年連続で最多勝利に輝き、他にも最優秀防御率2回、最多奪三振4回と怪物の名をほしいままにした。

 中には、ルーキーイヤーから酷使しなければ、現役としての寿命も、もう少し長引いたのでは?…といった声も聞かれるが、主に日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手の片岡篤史氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉の7月8日投稿回で言及。

「1年目から登板しなかったら、あのイチローをね、3三振にとって、『自信から確信に変わった』なんて名場面とか生まれなかったし、オレの“空振り”とかなかったわけやから…」と片岡氏。松坂1年目、プロ初登板の4月7日、東京ドームで行われた「西武-日本ハム戦」において、1回裏、3番・片岡氏が松坂のストレートに対して豪快なスイングで三振し、ヨロけてバットを手放すシーンは、松坂の「剛腕」を物語ることとなった。

 片岡氏は、「よう、あんなん振ったよね。あんなん振って、コケちゃったよね。(中略)我ながらよく振ったな、と…」と笑いを誘った。ここはぜひ、松坂を同チャンネルに招いて、初対戦について振り返ってもらいたいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化