女子アナ

「報ステ」大越健介キャスター決定で噴出するあの2人への“不要論”

 7月9日、テレビ朝日が10月から「報道ステーション」の新メインキャスターに元NHKの大越健介氏を起用することを発表した。

 大越氏は2010年3月から15年3月まで「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務め、その後は「サンデースポーツ」、「NHKスぺシャル」のキャスターを担当。6月末でNHKを定年退職していた。

「大越氏は出身の東京大学で野球部に所属し投手として六大学野球で活躍したスポーツマン。政治記者としての経験と取材力も抜群で、実力を持ちながらも謙虚なキャラがお茶の間の好感を呼びました。そのため今回の『報ステ』就任発表には、多くの称賛の声が上がっていますね」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも《テレ朝やるなあ。10月からは「報ステ」観ようと思う》《「ニュース9」は大越さんのときが一番よかった。期待してます》《これで「報ステ」の視聴率は相当上向くんじゃないか?久米宏時代の勢いを取り戻して欲しい》といった意見が多く見られたのだが、一方で現在キャスターを務めるフリーアナの徳永有美(月~水曜日担当)とテレ朝の富川悠太アナ(木~金曜担当)には厳しい指摘が噴出している。

「テレ朝によれば大越氏は月~木曜日を務めるとのことで、“他の出演者については現在のメンバーが中心”という。しかし2人に対しては以前から“不要論”が飛び交っており、今回、改めて《これを機に2人は外してほしい》と声が上がっています。徳永のほうはいまだに内村光良との“不貞婚”の印象が拭えず、富川アナのほうは昨年4月にコロナに感染した際、症状が出ていたにもかかわらず番組に出演していた不手際が発覚し人気が暴落。双方、当たり障りのない進行ぶりにも、視聴者の間で“飽きた感”が広がっているようですからね」(前出・テレビ誌ライター)

 果たして、どのような担当振り分けとなるのか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク