スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「シゲルピンクダイヤが本領発揮」

 先週に続き、今週も日曜日に行われる重賞は、函館のクイーンSのみ。本来、札幌で行われる重賞だが、今年はオリンピック開催中とあっての場所替わり。とはいえ、同じ洋芝の1800メートル戦。これまでと条件はほぼ同じとみていい。

 例年同様、頭数はそう多くないが、悪い顔ぶれではない。GI勝ち馬はいないが、そうしたビッグレースで上位争いを演じてきた馬は何頭かいる。

 斤量が軽いこともあり、善戦することが多い3歳馬(ほぼ52キロ)の参戦が、今のところ見られないのは残念だが、脈のある4歳勢が最も多く名を連ねているのはうれしいかぎり。

 まずはデータをひもといてみよう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単による万馬券は7回(馬連では3回)。この間、1番人気馬は5勝(2着6回)、2番人気馬も5勝(2着1回)。中穴傾向の重賞とみてよさそうだが、1、2番人気馬によるワンツー決着は、わずか1回。決して簡単に収まるレースでないことだけは確かだ。

 年齢的には他の重賞同様、生きのいい4歳馬、充実著しい5歳馬が強く、4歳馬は8勝(2着7回)、5歳馬が3勝(2着10回)。まずはこの両世代を無視しては始まらないのだが、仮に3歳馬が出走してくれば要警戒。出走頭数が少ないわりに5勝(2着2回)と好成績をあげているからだ。

 とはいえ今回は4、5歳馬が大半を占めている。両世代によるガチンコ勝負とみて、差し支えなかろう。

 ただ、有力馬の力量が拮抗しており、どの馬が上位争いを演じるのかをあぶり出すのは、容易ではない。常識的には実績からマジックキャッスル、ドナアトラエンテの国枝厩舎勢に、ルメール騎手とコンビを組むテルツェット、そしてクラヴァシュドールにフェアリーポルカといった馬から入るべきなのだろう。

 しかし穴党として期待を寄せたいのは、5歳馬のシゲルピンクダイヤだ。

 勝ち鞍は未勝利戦の1つのみ。以来、15戦連続で勝ちきれておらず、チューリップ賞2着、桜花賞でも2着した3歳時の勢いは失せた印象だが、そうみられているのなら穴党としては幸いである。徐々にではあるが、間違いなく本来の姿を取り戻しつつあるのだ。

 前走のGIヴィクトリアMは13番人気ながら、見せ場を作っての5着と頑張ってみせた。その後は放牧でリフレッシュ。ここに向けてしっかりと調整、稽古をたっぷりと積んできた。

 栗東トレセンでは坂路を中心に乗り込まれ、1週前の追い切りは、ウッドチップコースで長めからビッシリと追われ、好時計をハジき出している。

 渡辺薫調教師をはじめ、厩舎関係者が「ここを目標に抜かりなく調整ができた。実にいい雰囲気。力を出せる状態にある」と口をそろえるように、最近では最もいい仕上がりにあるのではないか。

 力を要す北海道の洋芝は初めてになるが、力強い走りをする馬で、不向きではないはず。血統的には近親にグレイスワロー(愛ダービー、タタソールズゴールドC)など活躍馬が多くいる血筋。2勝目をあげるとともに、初重賞制覇のチャンスとみた。

 出否は未定ながら、最も魅力的な穴馬がイカットだ。2勝クラス(かもめ島特別)を勝ち上がったばかりだが、ポテンシャルは高く、早くから厩舎では期待されていた素質馬。洋芝は〈3 0 1 1〉と実績十分で、決して軽く見るべきではない。

 兄に北米GI4勝のタービュラントディセント(バレリーナSなど)がいる良血馬。使われつつ地力強化しており、一発があっても不思議はない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”