芸能

田中裕二、番組の流れに配慮ナシ!“実はヤバい”素顔/坂下Dの「地獄耳」芸能

 爆笑問題の太田光といえば、“ぶっ飛んだ言動”が目立つ。後輩が楽屋に挨拶に来れば、エアガンを向けて威嚇したり、放送直前に共演者のイチモツを思いっきり掴むこともある。カットできない生放送になると、やたらと張り切る。出番のないコーナーに乱入し、用意されていた団体芸を邪魔し、明石家さんまからは本気の説教も受けている。

 一方、相方の田中裕二は、太田への的確なツッコミから引き立て役としての評価が高く、近年ではピンでのMC業もうまくいっている。一見、不良と優等生のコンビのように思えるが、芸人の間では「本当にヤバいのは田中のほうだ」という意見が少なくない。

 ハライチの岩井勇気は、「太田さんがあんな暴れるのに、どこか太田さんのほうがしっかりしてそうに思える」と吐露しており、長年の付き合いのある伊集院光に至っては「太田光もどうかしてますけど、本当にどうかしてるのは田中裕二なんですよ」と、何度もきっぱりと言い続けている。

 爆笑問題がパーソナリティーを務めるラジオショッピングのコーナーで、ホームベーカリーの販売員が「田中さんみたいなお野菜嫌いなお子さんでも、パン生地の中にお野菜を練り込むと、おいしく食べられますよ」とアピールし、さらに太田が「(田中の嫌いな)椎茸とかもこれに入れたら絶対においしく食べられるよな!」と勧めると、田中は商品を販売するコーナーにもかかわらず「それは無理!」と、言い切ってしまったことがある。

「だけど、このベーカリーだったら、おいしく食べられるかもしんないだろ?」と、太田が場の流れを取り戻そうとしても「絶対においしくない。椎茸パンは無理」と最後まで言い続けた。そんな田中の態度に対し「爆笑問題がなんで売れたのかがわからない」と伊集院は言っていた。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”