芸能

小野寺昭、「『太陽にほえろ!』で殉職」の“あっけなさ”は自身の要望だった!

「太陽にほえろ!」と言えば、1972年から日本テレビ系で放送された連続刑事ドラマ。主役の石原裕次郎(故人)が演じた、七曲署の捜査第一係長・藤堂俊介を「ボス」、同じく刑事の竜雷太を「ゴリさん」、小野寺昭を「殿下」などとニックネームで呼び合う斬新な設定がウケた。一方、このドラマから萩原健一(故人)、松田優作(故人)といった大スター俳優を多く輩出したことでも話題となり、86年まで放送された長寿の人気ドラマだった。

 その「太陽にほえろ!」の初期メンバー「殿下」として出演した俳優の小野寺昭が、俳優で作家の小野寺丈のYouTubeチャンネル〈丈熱BAR〉の1月23日付け投稿回〈【小野寺昭】『太陽にほえろ』の裏側!!萩原健一・松田優作、天才的俳優の素顔とは!?〉とタイトルした投稿回に出演した。

 現場で同じ苗字だったことが印象的だったこと進行を深めた2人だが、小野寺昭いわく、当初は2クール(半年間)の予定で放送開始された「太陽に─」だったが、「マカロニ」こと萩原人気の効果も相まって1年に延長。

「オレは半年のつもりだったのに、もう半年やるのかよ~、飽きたよ~」と萩原は愚痴をこぼしていたそうだ。ところが、ドラマの人気はうなぎ上りとなり、さらに延長…ゆえに、1年が経った時点で、萩原から「殉職させてくれ」との申し出があり、「太陽にほえろ!」名物、定期的に訪れる新人刑事の殉職シーンにつながったのだと語られた。

 小野寺昭も、刑事以外に芝居ができなくなるとの懸念から、ドラマ降板をプロデューサーに申し出たという。そして、出演から8年が経過した80年、「新人刑事とは違う殉職の仕方を考えてほしい」「あっけなく殉職したい」との小野寺の願いが聞き入れられ、交通事故という設定で“殉職”となったのだそうだ。

 派手で特徴的な劇中曲が頭によみがえる、当時を知るファンには実に懐かしく、興味深いエピソードである。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」