社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<大腸ガン>初期は無症状。早期発見なら100%完治

 近年、大腸ガンによる死亡者数が増加している。主な理由は、日本人の生活環境の変化と食の欧米化の影響にある。

 この病気は40歳以降に発症することが多いが、早期発見できれば、ほぼ100%完治すると言っても過言ではない。ただ、初期症状は無症状の場合が多く、自覚症状が出ると、すでに進行してしまっているケースが多い。

 痔などの良性疾患と症状が似ているため、気づかない人が多いのも厄介な点だ。

 大腸ガンの予防で最も重要なのは、定期検診による早期発見。大腸ガンは一次検診の「便潜血検査」で陽性となって発覚するケースが多いが、その後の精密検査を怠り、放置してしまう場合もある。結果として手遅れになってしまうこともありうるのだ。

「便潜血検査」で大腸ガンが疑われたら、まず「大腸内視鏡検査」の精密検査でガンの有無を調べる。検査方法は、下剤で大腸を空にして、内視鏡ファイバーを肛門から挿入。大腸の全部位を観察して、ガンやポリープなどの病変の有無を確認する。病変が見つかった場合は、検査と同時にポリープの切除を行って、採取した組織が悪性かどうかを診断する。

 この検査では、小さいポリープや早期ガンの段階で見つけることができ、病変の切除による治療も可能だ。しかし、検査方法が、約2リットルの下剤を飲むので辛く、検査による痛みの度合いが医師の腕次第ということも多い。そのため最近は、鎮静剤を使用した無痛の内視鏡検査を受ける人も増えているという。

 日常生活での予防法は、赤身肉や脂肪の摂り過ぎ、アルコール、喫煙を控えること。鶏肉や魚中心とし、野菜や果物、豆、海藻、キノコなどで食物繊維を十分に摂取して、毎日適度な運動を続けることを心掛けたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意