事件

紳助親分の「使用者責任」(4) 「逃亡」紳助に付き添う元ワンギャル愛人の正体! 「芸能界を辞めさせ店を持たせる間柄だった」

 紳助親分の引退から2カ月が経過した。現在も「逃亡」を続ける親分の行方は依然としてつかめない。しかし、その逃避行には、常に付き従う女の姿があった。それが、親分の「本物の姐さん」、つまり本命の愛人ではないかというのだ。いったい、その女性の正体とは‥‥?

 本誌が沖縄県の恩納村で紳助の潜伏先マンションの最後の明かりを見たのは、9月20日のことだった。
 その後、一部報道では、紳助は同じ沖縄県内の東村のペンションに身を寄せ、10月初旬まで滞在。紳助の周囲には、常に十数人の男女が行動を共にしていたのは恩納村での生活とそう変わらない。
 地元の飲食店経営者や紳助が所属していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーの社員が身の回りの世話をしていたのだが、その取り巻き連中の中には数人の女性も含まれていた。そして、カメラにその姿を撮られまいとして、外出する時も顔を道路側に向けずに歩く1人の美女こそが、紳助の本命の愛人ではないかというのだ。
 民放局関係者が言う。
「彼女はHという名前で、かつてタレントとして活躍していました。紳助にホレ込んでいて、そのまま逃亡に同行していると言われているのです」
 Hは現在34歳。大手芸能事務所に所属し、高校在学中の90年代半ばにデビューしている。長身と陸上競技で鍛えた脚線美を武器にモデルや女優など幅広く活躍した。90年代後半には深夜ドラマに出演し、パンティまる出しの艶技を披露。世の男性たちを魅了した。
 何よりHは、元ワンギャルとして広く認知された存在なのだ。97~02年にTBS系で放送された深夜番組「ワンダフル」。そこで、レポートをする女性タレントたちで結成されたグループがワンギャルだ。釈由美子(34)や国分佐智子(34)を輩出し、Hもここで知名度を高めた。
 そんなHが紳助と接点も持ったのはいつなのか。前出・民放局関係者が話す。
「デビュー直後から、Hは関西ローカル番組のアシスタントを務めていました。その番組の司会が紳助だったのです。当時、Hはプロ野球選手とつきあっていたようで、そのことをたびたび番組の中で紳助にイジられていました。隔週火曜日の『ワンダフル』に、Hは出演せずに、紳助の番組収録に参加していました。全国放送よりもローカル番組を優先させたほど、Hは紳助にベタボレだった」

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
ついに完熟の極みに!深田恭子 カレンダー写真で明らかになったボディの変化