特集

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「リベラルを自称するメディアの正体を暴くぜ!」

Sponsored

20140617texas-father

 ハ~イ! アサヒ芸能読者の皆さん!

 3日、北京のトップ・習近平氏が訪韓し、朴槿惠大統領と会談をした。中国の指導者が、北朝鮮を放って韓国へ行ったってわけだ。日本の安倍総理が何度呼びかけても会談に応じない朴槿惠氏も、尻尾を振って出迎えたよな。「歴史問題で反日共闘しよう!」ってな。

 日米の同盟国である韓国が、“敵国”である中国とくっつこうっていうクレイジーな行動だ。日本周辺の経済・軍事情勢は激変するってことでもあるよな。

 南沙諸島での動きを見れば、中国は本気で領土を奪おうとしているのがわかるよな。今度は韓国と一緒に、日本をどうにかしようとしているのは明らかだぜ。それに伴って、日本では、集団的自衛権の行使を可能とする閣議決定がなされたってわけだ。今回はこれにまつわるメディアの異常性について考えてみたいんだ。

 3日の産経新聞では、こんなタイトルの朝日新聞社説を非難していたぜ。

「集団的自衛権の容認─この暴挙を超えて」

 その社説ではこう嘆いていたとも書いてあった。「民主主義が、こうもあっさり踏みにじられるものか」ってな。どう考えてもおかしな言い分だよな?

 自分たちの紙面や主張に影響された読者は、もちろん投票権を持っていて、政治家を選ぶんだろう。ということは、朝日新聞はリベラルの代表として戦後日本で「民主主義」を作ってきたってわけだよな。安倍総理も、自民党も、そうした「民主主義」が選んだってことじゃないか? ところが、自分たちの主張と違うことが起こると、「踏みにじられた」ってわめき始めるわけだ。

 本来、彼らが非難すべきはこんなことじゃないか?「自分たちも作った民主主義が、主張と違う方向に進んだ。これは自分たちの間違いであり、自分たちの責任です」ってな。

 これは慰安婦問題に関する彼らのやり方と同じだろう。自分たちが作った「慰安婦物語」がウソだとバレても、彼らは訂正や謝罪は一切しないんだからな。

 自分たちの思い描く民主主義以外認めないってことは、排外主義的であるとさえ言えないか? 同じことはアメリカのマスコミでも起こっているんだ。例えばオバマ大統領の政策を非難すると、「人種差別」にすり替えられてしまう。本来リベラルは人種差別をしないハズなのに、都合が悪くなると「黒人」の部分を利用するってわけだ。

 これこそが差別と呼ぶべきものじゃないか?

 連中は困ると「報じない」権利さえ使うぜ。6月25日に安倍総理がフィリピンの大統領と会談した際、大統領が集団的自衛権を歓迎しているよな。それを朝日新聞が報じなかったと産経記事に書いてある。アメリカでは、共和党がどれほど優れた政策を出しても、やはり報じないんだ。

 自分たちが嫌いなものを排除し、なかったことにするっていうのは報道とは呼べないよな。むしろ、洗脳や教化と呼ぶべきものだろう。これがリベラルを自称するメディアの正体だぜ!

 こうした「メディア」の病理に関しては6月に出た俺の新刊「テキサス親父の大正論:韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!」(徳間書店刊)にも書いてあるので、ぜひ買って読んでほしいと思う。また会おう!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ!

テキサス親父の新刊「テキサス親父の大正論:韓国・中国の屁理屈なんて普通のアメリカ人の俺でも崩せるぜ!」(徳間書店刊)が好評発売中!

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)