スポーツ

大谷翔平のテレビでは放送できない「ベンチ内クソガキ肉声」(2)「相手投手に呪いのオーラを」

 改めて打者大谷に目を向ければ、打率3割1分(リーグ3位)、40本塁打(同1位)、82打点(同2位)と、打撃3部門でトップ3入り。テレビ中継では拝めない好調維持の秘密に迫ると─。

「よくバットに願掛けする場面を目にします。とりわけ打撃不振に陥った時期に、ベンチ内でバットに〝心臓マッサージ〟をしたり、バットに向かって『Wake Up!』と言葉をかけたり、アレコレとおまじないをかけている。〝目覚め〟効果を期待して、テームズ打撃コーチにコーヒーをかけてもらう一幕もありました。そんなゲン担ぎにあやかりたいんでしょう。最近は、大谷選手に願掛けを依頼する選手まで現れています」(しんすけ氏)

 野球の神様を味方につけた大谷は、チームの勝利のためなら手段を選ばず!? 7月23日のパイレーツ戦最終回には、こんなオカルト奇行が目撃されていた。

「3点を追いかけるイニングに、エンゼルスは3つの四死球でワンアウト満塁のチャンスを作りました。実はその最中に、大谷選手とモニアック選手が相手投手に向けた指先をニョロニョロと動かしてオーラを飛ばしていたんです。大谷選手が愛読しているバスケ漫画『SLAMDUNK』(集英社)で、主人公の桜木花道が、相手選手のフリースロー失敗を願って、呪いのオーラを飛ばすシーンをオマージュしているのでしょう」(しんすけ氏)

 残念ながら祈りは届かず、試合はダブルプレーで試合終了。一方で、大谷といえばNPB時代から先輩イジリが得意。「クソガキ」と呼ばれていたが、大胆不敵な振る舞いは現在も変わらない。

「試合中に選手たちが食べるひまわりの種がベンチの下に落ちているんですが、それを大谷選手がスタッフやチームメイトに投げて遊んでいるんです。しかも、背中に当てられてキョロキョロする選手を横目に真顔になってシレッとしている(笑)。時には、水原一平通訳もグルになる始末ですよ。日本球界では見られないMLBならではの微笑ましい光景です」(しんすけ氏)

 そんな大谷の英語力は10点満点中6点と評されている。これは歴代日本人大リーガーきってのコミュニケーション能力のようで、

「英語力だけでいえば、アメリカ人記者のインタビューに直に答えることもあったイチロー氏(49)の方が上でしたが、中南米の選手を見下すきらいがあって折り合いが悪かった印象です。かつて、シアトルの地元紙でチームメイトによる〝襲撃計画〟が報じられたほど孤立していましたからね。一方、大谷はサンドバルやレンヒーフォをはじめヒスパニック系の選手とも互いにイジり合うほど関係は良好。最近はネトやモニアックのように内弟子を志願するアメリカ人選手まで現れています」(友成氏)

 人たらしの才能はイチロー以上。ワルガキ旋風が全米で吹き荒れている─。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道