スポーツ

巨人・小林誠司が「打率ゼロ割」で終わる飼い殺しの限界

 プロ野球・巨人の小林誠司捕手の去就に注目が集まっている。

 小林は2017年のWBCで正捕手を務め、同シーズンはゴールデングラブ賞を受賞。19年まで4年連続盗塁阻止率1位となるなどチームに大いに貢献した。

 スポーツライターが続ける。

「しかし20年は死球による骨折で長期離脱し、わずか10試合の出場に終わり打率は5分6厘。以降の2年間も守備固めの起用にとどまり、打率9分3厘、1割4分8厘と惨憺たる結果でした。今季も8月23日終了時点で出場はたった19試合、打率は『0割』です。1軍には帯同し続けているもののすっかり存在感がなくなっており、口さがないファンからは給料泥棒呼ばわりされているような状況です」

 19年の原辰徳監督の就任(第3次)から出場試合が激減していることから、時折「不仲説」も浮上している。実際、小林がケガに悩まされた20年、原監督からは「小林は野球選手じゃないもん。『元』だもん」などと切り捨てられている。

「今季は4年契約の最終年ですが、この調子では1安打も放つことなくオフを迎える可能性は高い。大幅減俸の上、第3捕手としてベンチを温めるくらいなら、本人も移籍を希望するでしょうね」(前出・スポーツライター)

 来季は違うユニフォームで巨人を見返す立場にいるのか。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」