スポーツ

メジャー挑戦「7人のサムライ」を実力査定(2)二塁手転向を勧められた青木

 川﨑ほどではないにせよ、きわめて低評価なのが青木だ。WBCに出場し、打撃のタイトル(首位打者、最多安打、出塁率)も取っている。だからポスティングには10億円ぐらい用意しないとダメだろう、と思われているのだ。メジャー関係者が明かす。
「ところが代理人は『青木に興味があったら、とにかく入札してくれ。彼は来るから』と、入札額の引き下げに必死‥‥というおかしなことになっている。10億円もつぎ込んでまで獲りたい選手ではないからです」
 理由は明白だ。メジャー関係者が続ける。
「守備の評価がすこぶる悪いんです。WBCで青木を見たスカウトが『彼は二塁できないの?』と言ったほど。体のサイズが外野手向きでなく、『あの守備は使えない』と判断された。ノックを受けても『返球が短すぎる。ショートがどこまで捕りに行ってるんだ』と弱肩を酷評していました」
 センター失格宣言を出された青木だが、ライトは強肩であることが要求されるし、メジャーではレフトは松井秀喜のようなガッチリタイプのスラッガーが納まるポジションとされている。前出・デスクは言う。
「両翼は、打ちまくれば守備が悪くても目をつぶってもらえる。青木はレフトですよ。スラッガーでなくてもいい、という球団に獲ってもらえば‥‥」
 とはいえ、その作戦も怪しいようで、
「アメリカでは『今年の成績が去年よりだいぶ落ちている。しかも、パワーレス』と報道された」(友成氏)
 名門ヤンキースが250万ドル(約1億8750万円)で落札した中島は、キャッシュマンGMが「内野にはレギュラーがいる。彼らをサポートする役割を期待している」と話すなど、ハナから控え扱いであることが明らかになった。確かにヤンキースには、三塁・ロドリゲス、遊撃・ジーター、二塁にカノという球界屈指の強打者が君臨する。
「日本球界NO1だった西岡が、遊撃失格で二塁転向。グラブさばきがいまひとつで、肩も強いとは言えない中島も、二塁をやったほうがいい」
 とメジャー担当記者が言えば、友成氏もショートストップとしての中島を次のように査定するのだ。
「二塁寄りのゴロを捕球する際、体が一塁側に流れるんです。すると、捕球から送球までに時間がかかる。それがネックと言われています。三遊間の深いところのゴロも、ふんばってビューンと投げるのを見た記憶がないですね」
 ここは天才肌とも称される打撃でレギュラーをつかみ取るしかない。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
ドン底ライオンズの新監督選考で西武グループから出た「こんな時だからこそ落合博満で立て直し」劇的待望論