政治

「独裁王」橋下の4万人公務員「大殺戮」が始まった(2)大阪市議会も橋下氏の手中に

 大阪市は、全国でも有数の職員数を誇るいわば役人天国。その一方で、覚せい剤所持で逮捕されるとんでもない市職員が出るなど、そのモラル意識の低さが問題視されてきた。
 そして今回、橋下氏の市長就任では、問題職員のあぶり出しはもとより、今後は、“抵抗勢力”の巣窟でもある大阪市議会も粛清の対象となりそうである。
 先の自民党関係者が解説する。
「もはや、市議会は自民も民主もダメですわ。自民、民主に共産を合わせても過半数にはとても届かないんですから。どうにもなりません。かといって、維新も約4割の議席数。そこでキャスティングボートを握るのは公明です。W選挙の際も公明は平松、橋下のどっちにも付かない自主投票でしたが、結構な票数が維新に流れた。2年後の衆院選での選挙体制でも、公明は維新とうまくやっていける“貸し”が作れて、なおかつ市議会でのキャスティングボートが握れた。今後の市議会は公明しだいになっています」
 だが、すでに水面下で「維新の会」の主導により、公明党との協調関係が構築されているという。
 ジャーナリストによれば、
「維新の後ろ盾となっている堺屋太一氏が11月と12月に、創価学会の元総関西長で、現副理事長の西口良三氏に面会を求め、協力体制について綿密な打ち合わせが行われたとされています。今年4月の統一地方選の府議選で、維新とガチンコ勝負をしたら惨敗した。関西の公明党は国政でも惨敗しており、生き残りに必死なので完全に下手に出ています」
 今後の議会運営も完全に橋下「維新の会」を中心に進められていき、野党側は、かろうじて応戦する程度で、その影響力は風前のともし火だという。
「まずは、府議会では維新の数の力で成立させたが、市では否決された『教育基本条例案』と『職員基本条例案』の2条例案を近々に再度提出して、予算と『都構想』の区割りなどが維新側から提出される運びになるでしょう。自民、民主は是々非々で対応するしかない。瀕死の野党の首を切るのに、首の皮一枚残してくれるのか残さないのか。あの人のことだから、まあ、残さないやろな」(前出・自民党関係者)
 そして、この2条例案こそ、大阪市の職員にとっても、大量殺戮になりかねない条例なのだ。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱